Driver's High


Home > Archives > 中古車 Archive

元の鞘
Posted: 2014年12月22日 04:39 中古車

JPY32_016.jpg

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700051053820080927002.html

久しぶりにフラウレザー車を見かけたのでちょっと見てみたんだけれども、アレこの車どっかで見たこと無い?

・・・。

・・・・・・。

この個体だね。

6年前かぁ、廃車にならなかったんだねw

見た目的にはJ30ライトとホイール以外はほとんど変わってないみたいだけど。

やっぱりJフェリーはポルトローナ・フラウ仕様ってだけで価値が生まれるんだろうか。

でも、よく見てみると以前と風景まで同じ気がするんだけど、前ユーザーが買った店にまた売ったのか、それとも複数オーナー経由して偶然なのか、同じ店に舞い戻ってきたってこと?

***
ところで、以前見かけたKH1ホワイトパールのJフェリー。

その後調査してみたところ、どうもこれカタログに載ってたんじゃないかって気がしてきた。

何時の段階でカタログに載ったのかは分かりませんが、よく見てみるとカラーコードとしてはFASTにも載っている&存在が確認された前後の個体の車体番号を漁ると特注とは考えられないほどの数が存在することから、恐らくWK0との差し替えで平成6年頃に載ったのではないかと。

しかし不思議なのは、色の整理などがあった一部改良の直後は、白はWK0のままだったんですよね。

その後すぐ差し替わったってこと?

当時のカタログなんて・・・あるのかな。

にほんブログ村 車ブログへ 


これは世に出るはずの車だったんだろうか
Posted: 2014年12月19日 12:18 中古車

JPY32_014.jpg

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/17/700101023830140828003.html

車体番号:JPY32-000120
モデル記号:BLEARGAY32EDAB-EE-
製造年月:92年6月
グレード:タイプL
カラー:CK0(レディッシュゴールド)/Q(不明)
装備:ASCD+キーレス+マッドガード、助手席パワーコンフォートシート+本革シート、サンルーフ

・・・で。

ちょっと前からこういう車があることにも気づいていたのですが、この車、内装色が恐らく純正です。

最初はベージュレザーの写真うつりのアヤかと思ったけど、よくよく見ればどう見ても白。

北米仕様には白皮仕様って純正でありましたし、日本でも張り替えたと思しき個体は一度見たことが有りますが、カタログ上では当然設定なし(FASTでも区分無し)、しかし現にこういう個体が存在するということは、日本でも白皮仕様の設定が模索された、というか車体番号的に半ば試作車?

カラーコードQも、どうやら過去の調査の結果では北米仕様では白皮内装を表すコードのようなので、そういうことなのでしょう。

CK0のボディカラーはともかくとして、派手に弄った姿と合わせて(でも何故かJ30ライトは未装着)張り替えたのかと思っていたけれども、実際に生産された個体のようで。

生産がド初期なのに登録落ちになっているっぽい辺りも怪しいですし、幻の黒のJフェリー(少なくともその後の調査の結果では数台存在することは判明)と同様、よく分からない車です。

***
そして、この車の車体番号でシートとかの部品検索をすると品番がないと出る。

やっぱり試作車か。それとも車検証持参すれば部品出してくれるのか。

***
ちなみにコレ以外にも確認してみたところ、内装コードがQの個体がもう1台見つかったので、複数台生産もされているようで。

その車は生き残っているのならばラズベリーレッドのフルオプションのタイプL。
生産時期はやはりごく初期で、車体番号は130番台でした。

***
こういうのを見てみると、Jフェリーは生産台数の割にはイレギュラー仕様の車が多すぎるんだけれども、一体どんな形で注文を受け付けていたのだろう?

***
JPY32_015.jpg

ちなみにこの車を最初見て思ったことは、Jフェリーに似合う社外ホイールってどんなんだろう、です。

Jフェリーって個人的には絶望的に社外ホイールが似合わない、稀有な車だと思っているので。

にほんブログ村 車ブログへ 


マジェスタ
Posted: 2014年12月19日 04:17 中古車

uzs140_001.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2468658766/index.html?TRCD=200002

個人的には今でもマジェスタと言われると、初代140系のイメージなんだけれども、良く考えて見れば初代が一番クラウンらしくなかったよなぁと今になって思う。

元々140系のクラウン自体がクラウンに見えないということで不評の世代でしたが、ロイヤル系がコロナだと言われていたのに対して、マジェスタはセルシオ辺りの影響がとても強く感じられる。

uzs140_002.jpg

このケツのラインとか。

故にその辺りを考えるとある意味近代のクラウンの完成形とも言える130系の後継モデルである140系ではあまりにテイストが変わりすぎていて「クラウンみたいな何か」になっていることも否めませんし、この辺りは当時のトヨタが凝っていたハイデッキデザインの流れを汲んだものと思われるので、クラウンらしいテイストは希薄では有ります。

でもマジェスタの場合なんだか安っぽかったロイヤル系と比べればとても高級車な感じがして良かったと思うし、実際当時マジェスタはよく見かけた気がする。
(当時のことだからロイヤルと見比べてマジェスタを買った人とか、或いは単純に「一番いいクラウン」で勝手にマジェスタを買うことになった人も居るのだろう)

でも実際、このトランクの肩のラインはセルシオもそういう感じだけど、ボリューム感がありながらもスタイリッシュでうるさくない非常に秀逸なデザインだと今も思っており、ここのラインの優雅さを超える車って、今も見たことが無い気がするんだ。

当時のシーマやインフィニティ・プレジデントのテールの小さい、コレとは別の意味で上品なデザインも好きだったけど、ニッサンはどこまで行ってもこのデザインと比べると角張ってる。
(でもそれでも当時、そのニッサンですらY32を見て「この車丸くなったなぁ」って一同思ってたんだよね)

そういえば、この世代のマジェスタって、当時トヨタとは一切付き合いが無かった我が家なのに、何故か突然親がカタログを貰ってきたので唯一トヨタ車(というかニッサンとミツビシ以外)でカタログを持っていた車だったので、その他の詳細もそれなりに知っていた車だったのだけど、エクステリアの優雅さと比べると内装は些か寂しいというイメージも、同時に今も拭えなかったりする。

まあ、この当時はライバル格の32シーマがケバいくらいのど派手内装で、それのイメージが「高級車像」として強烈だったので、それと比べてしまうとトヨタは上品過ぎるってところなんだろうが。

ただ、エンジンもシーマの方が微妙に大きかったし、それもまたシーマの魅力だとは思っていたけど、昔と違ってプラス100ccの余裕が通用したのかどうかは微妙なところだが。
(流石に当時でも税金が100cc差で1万円上がりますは理不尽だと思うのだが)

にほんブログ村 車ブログへ 


WY30
Posted: 2014年12月 5日 04:41 中古車

WY30_003.jpg

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c467825848

車体番号:WY30-516273
モデル記号:WY30GJAEH23
製造年月:94年9月
グレード:SGL(4速フロアAT車)
カラー:621(ピュアホワイト)/C(ブラウン)
装備:電動格納式ドアミラー、パワーステアリング+リヤデフォッガー+リヤワイパー+シングルエアコン

改めて見てみると、6年式となるともう半分惰性で売っていたような時期+元々ワゴンの装備はセダン・ハードトップ系と比べるとショボイと言っても、SGLになると結構豪華装備?

元々、細かいところの仕立ての良さは知っていたけれども。

ワゴンには流石に某エロランプとかは無いし、2本スポークのステアリングやメーターも如何にも実用車丸出しのデザインになったりしてるけど、この年式だと逆にまだコストダウン目的の無粋な上級車向けエアバッグ付き汎用ステアリングにはなってないから、その辺りの当時のままの微妙に安っぽい80年代的廉価要素も味に感じるし、元々の仕立ての良さやそういう豪華に感じる装備が普通に残っている辺り、今となってはなにやら大変な高級車のように見える。

しかしながら、99年まで販売が続いた車とはいえ、その乗り味は80年代前半の高級車丸出しのまったりしたものだと聞くけれども、一体どんな乗り味なんだろう・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


また乗りたいかって言われたら
Posted: 2014年11月19日 01:07 中古車

HG50_154.jpg

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/185701948

車体番号:HG50-300683
モデル記号:NHG50XAEQ/J7
製造年月:95年11月
グレード:タイプV(油圧アクティブサスペンション装着車)
カラー:BM1(ディープブルーパール)/R(トープ)
装備:AVシステム+サンルーフレス、本革シート+助手席エアバッグ

ま。また乗りたいかって言われたら、結構微妙だったりしてね。

あまりに好きすぎればそれに縛られていしまうから。

逆を言えば、今の立ち位置は結構気楽でいいですよー。
手放したくなったら後腐れなく手放せますし。

たぶん、次所有する余裕ができる頃には、ほとんど生き残りは居ないだろうなぁ・・・。

でも、逆にそういう頃になったら、コンディションは二の字でとにかく理想の仕様重視、あとはフルレストアでカバーっていうのが逆に現実的な選択になってたりして。

正直、「未再生原型車」は生き残りという意味では貴重かもしれませんが、それが土に還りそうな状態だったとしても、それでも未再生のフルオリジナル(整備状態的な意味で)の方が尊いというのは、間違いだと思います。

にほんブログ村 車ブログへ 


4500cc
Posted: 2014年7月20日 12:48 中古車

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w105544423

4.5リッターのシーマってF50が4.5リッターだけれども、Y33ですってよ。

コンプリート仕様というとF50には5リッター・5.1リッターのコンプリートエンジンが存在しますが、Y33の4.5リッターってこれはG50のVH45をチューンドした上で換装したものなのか、或いはF50みたいなVH41のボアアップ仕様でVH45とは違うのかどっちなんだろ、っていうかこんなコンプリート仕様あったのか。そもそもこれはインパルが弄ったものなのか。

このクラスの車はAMG辺りに対抗するためなのか、セルシオのカメラードCS500やトムスコンプリートを始め、こういうテの車は何気に多いですし、シーマもY33とかでもごく初期の頃?にしかカタログに載ってないチューンドパーツが有ったらしいとか、何気にインパルさん気合入れて弄ること多いですけど・・・。

まあ手間とかを考えればG50のエンジン流用してる気がする。

そういえばあのV8ツインターボのシーマはどうなったんだろ。

***
インパル謹製チューンドのVH45だったら、本気で欲しいかも(エンジンだけ)

***
今インパルのHP見返してみたら、FY33のパーツ一覧に65万円のエキマニキットってあったけど、これが例の等長?エキマニなんだろうか。
(フルステンを自慢されても、VHエンジンは元々この部分はステン製なのであまりありがたみは無い)

でもメタルキャタまで付けて「競技専用」って、この車でそんな車検非対応パーツ出して誰が得するんだろ(ぇ

でも一般的なV8エンジンでは専用に作るにしても等長エキマニってあんまり意味が無いから、どういうものなのかはよくわからないけど、VHエンジンのチューンドパーツって希少だから出物があったら是非欲しいね。

VH45に付くかまでは知らないけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Spirit of XTC
Posted: 2014年4月 4日 17:05 中古車

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2627005931/index.html?TRCD=200002

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /

にほんブログ村 車ブログへ 


まあ・・・やる人間は出るよね・・・
Posted: 2014年3月15日 01:33 中古車

D32A_024.jpg

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/16/700070695430140302002.html

気持ちはわかる。
(同じような事やってた人間的に)

でも流石に点灯パターンまでは北米仕様にしてないみたいだけれども、これってグリーンバルブ入れたらオレンジに見えるんだろうか?

光の三原色的に、一時期微妙に流行った感のあった純正でレッドテールっぽい日本車なんかは、グリーンに光るバルブを入れることでオレンジ発光させてるとはいうけれども、アフターマーケット品でこんな感じに赤の着色の濃い(つまりブレーキランプとほぼ同色みたいな)レンズでは、グリーンバルブを入れようがほとんどオレンジに見えないって話を結構聞くし、なんだかんだで純正レッドテールのウインカー部分はちょっと赤が薄いっぽいのでオレンジに見えるみたいなんだけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


相場
Posted: 2014年3月13日 05:46 中古車

D32A_023.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2570888398/index.html?TRCD=100002

MTになるだけで相場2倍?

クーペのATモデルは10年以上前から不人気車の典型みたいな相場を形成してるのに、MT車は時期によってバラツキが大きいから困る。
或いは出てきてもなんか半分お断りしますみたいな個体だったりとか。

まあクーペでもMT率がそこらへんの乗用車並みに低い車ですから、単に相場が無い→たまたまMTで同程度の出物が今あるからそれに合わせただけなんでしょうけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


へんなの。
Posted: 2014年3月10日 09:16 中古車

JPY32_013.jpg

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020712430140306001.html

車体番号:JPY32-005911
モデル記号:BLEARGAY32EDAD-F--
製造年月:95年3月
グレード:タイプL
カラー:KH1(ホワイトパール)/P(タン)
装備:マッドガード+助手席エアバッグレス+ASCD+キーレス、助手席パワーコンフォートシート+ポルトローナ・フラウシート+断熱グリーンガラス

ん?

JフェリーにKH1なんてあったっけ?
当然これ北米仕様じゃないぞ。

Jフェリーの白はWK0っていう色のはずなんだけれども・・・。

でも逆に生産最初期には黒(よく知られてるけど設定なし)のフルオプションなんていう、これまた誰が頼んだのか、何のために作ったのか、或いは本当にそんなのが市場に出たのかわからない個体(JGBY32-000108)も登録されてますが、これも謎。
でもこの頃の日産車ってカタログに無い色で製造されてる車が稀によく見つかるからなぁ。

しかも助手席エアバッグレス・・・。
これはカタログにも正規に載っていた仕様ですが、てか前に出てきたフラウ車もエアバッグ取ってたね。なんでだろ。

なんだかんだで金が無かったのか?

***
調べてみると、Jフェリーのリコールで件のV8モデルはリコール対象になってるので、出荷されてる可能性が大ですね。

ニッサンの常で車体番号自体は恐らく101から始まってるはずですし、データ上は自分が持ってるデータでも106辺りからは履歴が残ってるんですが、それらの車は対象外ということは・・・。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking