Driver's High


Home > インプレッション > 【試乗】トヨタ・エスクァイア ハイブリッド Gi

【試乗】トヨタ・エスクァイア ハイブリッド Gi
Posted: 2016年8月12日 02:42 インプレッション

車としてはノアとホントに一緒ですね。

***
その昔、ノアやヴォクシーがタウンエースやライトエースと名乗っていた頃、それらの兄弟車種かつアッパーモデルとしてマスターエースという車が一時期ラインナップされていたことがあった。

中身的にはそれこそタウンエースの厚化粧版であり、ハイエースのポジションを侵すものではなかったが、当時ワンボックスで乗用専売という珍しいモデルでもあった。

エスクァイアはその系譜を継ぐモデルでもあり、マスターエースが20ウン年ぶりくらいに復活した形でもある。
(ただマスターエースがあった頃はライトエースはタウンエースの兄弟車ではなかったので、3兄弟になったのは今が初めてなんだよね)

***
つーわけで、いつかは試してみたかったハイブリッド。

しかし。

しかしじゃが・・・。

先代プリウスとドライブトレーンを共用すると聞いた時から嫌な予感はしていたが、流石にパワー足りなさすぎじゃないだろうか。

プリウスと違って経済性一辺倒ではないので、基本的にドライバビリティに関しては普通に走るように躾けられているけれども、それの対応策をアクセルのゲインを極端に高く取るというところでカバーしているので、根本的に車体が重い&ドライブトレーンにパワーが無いところは覆い隠せない感じ。

何というか、街中走るだけなら全く普通に走るし不満もないのだけれども、その実態は加速しようとする度にパワーメーターはパワー側を振り切り、エンジンは轟々と全開で回り出す。
実感の面でもアクセル半分も踏めばもう目一杯。

普通の車なら「トヨタアクセル」と煽られるレベルのリニアリティの無さだが、この車はパーシャル領域の力の伸びなども含めて、それで走りの釣り合いが取れる。

アルファードでもそんな感じだったが、この車はそういう意味では更に極端にアンダーパワー。
しかしこのアクセル半分までが普通に走るもんだから厄介なのだが。

パワーモードに入れると、もうほとんどアクセルはスイッチ状態だけれども、絶対的なパワーが無いので街中ではモリモリ元気よく走るのにちょうどいい塩梅になるというw

乗車定員乗せたら、街中は電スロとモーターのトルクのご利益で全く不満なく走るだろうけど、高速は恐怖じゃろうな。これ。
果たして上り坂で100kmをキープできるのか。
昔のデリカみたいに登坂車線に乗らないといけないかもしれない。

「走りを重視するならガソリンを」と説明を受けて、またまたご冗談を、と思ったけれども、実際走らせてみると確かにガソリンの方が普通に走る。

なんていうか、パワーが無いなりにちゃんと走るようチューニングしたというのはわかるが、これアルヴェルのハイブリッドシステムをベースにダウンサイジングした方が良かったんじゃないかなぁ。

***
ところでハイブリッドシステムというと、電子制御ブレーキだけど、なんかペダルに不定期に微振動が伝わってきてたんだけど、ブレーキアクチュエータから伝わってきてるのかね?

***
今回は街中をそこそこ走れるルートだったけれども、やっぱり車体の素性的に道が荒れてくると頭を揺さぶられる感じになるというか、重心とかに対してロールやピッチングとかの軸がイメージよりズレてる感じがするのう。

ソフトはソフトなんだけれども、その割りにそういう風に揺れるので、一概によりセオリー通りのセッティングに直すだけだと、別の問題も出そう的な。

元々ミニバンの足回りのセッティングは各社高重心をカバーするために本来のセオリーからは外れるセッティングをしているけど、色々走らせてみると例え明確に馬脚を現す場面があったとしても、そうせざる得ないその理由がわかる感じ。

となると、足が動く動かないとか以前に、車体設計から見直して欲しいところだけど、ジャンル的には仮に完全にプラットフォームを一新するとしても難しいところだろうか。

でも、車高や着座位置、或いは重心高等でもこういうミニバンと大差無さそうなSUVではここまで揺れることってあんまり無いような気がするけど、何が違うんだろう。

4独原理主義の意見を借りるわけではないが、4独のトゥーランやアルファードなんかはそういう感じが無かった気がするから、トーションビームやめれば多少はマシになるのかのう。

***
でも相変わらずドラポジ設計・視界や車体の見切りのバランスは抜群に良いし、ノア同様のたおやかな乗り味・雰囲気はそのままにノアと比べて高級化された内装のお陰で、乗ってる満足感は更に高い。

だけれども、高級化しただけに、ノアでは満足(無視)出来た部分がネガとして顕在化している気もする。

故に次はシャーシ性能を・・・と思うのじゃが、贅沢じゃろうか。

***
でもガソリンにせよハイブリッドにせよ、このグレードだと必要なオプションだけしか付けなくてもトータル360~380行くってきっついなあ。

エスクァイアが特別高価なのか?と言われると、ノアとの価格差は基本的にオプションだったものを標準にした分程度なので、ノアとて実質同価格である。

確かにこの価格帯になってしまうと、外車のミニバンでも客を取りに来れるレベル。

トゥーラン乗った時に何故かしきりにこの車のことを気にしていたけど、さもありなんってところか。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking