Driver's High


Home > 自動車コラム > それが良いのか悪いのかは置いといて

それが良いのか悪いのかは置いといて
Posted: 2015年9月23日 00:17 自動車コラム

VWの不正問題を思うに、SKYACTIV-Dは良くも悪くも理屈に愚直なような気がする。

個人的な不満点として、どうもSKY-Dはディーゼル車の割には高負荷時の効率が悪いのではないか、というような印象を持っている。

理屈的にも低圧燃焼に拘っている以上は最新ディーゼルとしては恐らく熱効率は元々低い方じゃないかと思うのだが、特に高速高負荷時にはそれが熱効率の改善に足を引っ張っているような印象があるわけで、90km/hくらいからその辺りの効率が急激に低下しているような印象があるのである。
(前から言ってるけど)

それはそういったところでDPFが本来は再生サイクルが伸びるはずがむしろPMが増えているような挙動を示したり、燃費が急激に落ちるようなところからも推測できるのだけれども、結局これはあくまで低圧縮比・低圧燃焼によるNOx低減のトレードオフ・或いはSKY-Dの理論的な限界(高速域では燃焼が間に合ってない?)だと考えればそういうものなのかもしれないし、VWのようなメーカーにとって都合のいい制御は入っていない、ということであるのかもしれない。

***
まあ元々SKY-Dってそういう低圧燃焼に特化した設計になってるから、VWみたいなことやったら耐久性足りなくてエンジン逝きそうだけどね。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking