Driver's High


Home > 自動車 > 1GD-FTV

1GD-FTV
Posted: 2015年6月18日 01:08 自動車

1GD-FTV.jpg

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150617_707436.html

話には聞いていたプラドのディーゼル復活、以前積んでたKD型ではなくて新型エンジンとしてきたところは流石にKD型も登場から相当年数経過していることもあるのだろうけど(でもニッサンのYD・ZD型とか、三菱の4M4型とか、KD型以上に古いけど現役で最新の規制も通るディーゼルエンジンも多数ある)、それ以上に国産乗用車としては初めて尿素還元システムを載せてきたことにも、その判断に興味があったりして。

まあこれがあるからといって現行法規をクリアする必要がある以上はDPFは無くせないわけでありますが、尿素還元システムはつまりNOxを効率的に浄化するためのシステムであるからして、恐らくDPFでの燃費悪化を極力嫌ってこれを搭載してきたのでは?とちょっと思ったりするわけだからです。

一般的に市販ディーゼル車のPM処理に使われているDPFは排気熱を使った自己還元サイクルを確立しているわけですが、この自己還元に必要な排気熱はいわゆるポスト噴射のような強制昇温は別として、急速燃焼などによる燃焼効率を上げることによっても容易に獲得できるので、そういう手法を採ることは副産物的にエンジン本体の効率向上によるパワー・燃費の向上とPM自体の減少にも繋がるわけなので、今度のプラドはそういう方向性なのではないかと推測できるわけですが、そうした場合今度はトレードオフでNOxが増加します。
(理屈的に言えばガソリン車でも同じではあるのですけど、ガソリン車の場合は基本的に三元触媒が使えるので問題にならない。リーンバーン車除く)

従って、燃焼でPM対策をすると高性能なNOx対策の後処理装置が必要になるというわけで、今までの日本のクリーンディーゼル乗用車は尿素還元システムそのもののコスト・設置性とアドブルーの追加負担を嫌ってか、基本的に燃焼制御でNOx制御を行う方向性であり、それはすなわちエンジン単体の効率低下とDPFの効率低下、或いはPMの増加という形で、DPF還元の負担が大きくなるという副作用が発生しているような状態でありました。

自動車メーカーはその辺りのバランスに苦慮しているのがクリーンディーゼルの現況な訳で、つまり排ガス浄化装置の組み合わせ方というのは、環境性能を鑑みるにあたって、そのメーカーがどういう考え方をしているかといういい物差しになっていると思うのです。

つまり今度のプラドは、今までとは真逆を行く、という考え方にも見えるのですね。

まあ、これを使うと今度は尿素水(ションベン・・・じゃなくてアドブルー)の定期補充が必要になるわけですが、果たしてDPFでの燃費悪化とアドブルー(給油サイクルよりは持つらしく、値段もリッター90円くらいらしい)のどちらがコスト高になるのか、なかなか興味があるところでありますが。

勿論、一般レベルでもベンツなんかは尿素還元SCRシステムを使うディーゼルを以前から売ってますから、これ燃費が(尿素還元じゃない車と比べて)いいの?っていうのは、ベンツ乗ってる人に聞けばいいのかもしれませんが。

***
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150525/1064762/?ST=life

しかし、新型エンジンとはいえ基本設計は途上国でも売ることを視野に入れた非常に堅実な方向のようで、ある意味先進国でしか売れなさそうな限界設計方面のマツダと比べた際の対比が見事。

特に先日の提携発表もあった直後だけに。

たぶん、ハイエースとかのエンジンもこれに切り替わっていくんだろうなぁ。

まあ、トヨタは乗用車のエンジンと商用車のエンジンを厳格に作り分ける傾向もあるけど、このエンジンはどちらかと言うと後者方面なんだろうか。

トヨタのディーゼルなら無条件で頑丈なのか?と言われると、かつてのL型エンジンを始め、乗用志向に走ると妙にヤワいエンジンを作ることもあるのもまたトヨタ。

でも今度のは大丈夫そうだ。

***
でも、そういう途上国市場への適応の視野に入れたエンジンそのものの性向や、そもそもトヨタは現行ハイエースで「ポスト噴射による燃費の悪化とオイル希釈のトラブルの多発に苦労した→対策としてポスト噴射の廃止とDPF用インジェクターの追加を行った→それでもまだ何か言われているようだ」という風に、本当にDPFの取り扱いには苦労しているように思うので、ある意味今回の選択肢というのは究極的にDPF問題の解消を狙ったのでは?とも取れる。

***
でも、ディーゼルで大排気量ガソリンエンジンの代替をするというのは、パジェロでも先のマイチェンでそういう方向に舵を切ったけれども、やっぱり大排気量ガソリンって不人気なのか。

なんとなく、この辺りのエンジンのチョイスが20年前に逆戻りしているような感じでもありますが(w

でも、昔は逆に「ディーゼルは遅い」っていうイメージも強かったから、パワー志向の人のためにハイパワーのガソリン車が増えていった歴史もあるんだよね。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking