Driver's High


Home > インプレッション > ミツビシ・パジェロミニ(2代目の初期型のNA)

ミツビシ・パジェロミニ(2代目の初期型のNA)
Posted: 2013年6月18日 01:48 インプレッション

うーんこの。

ナビ取り付けのためにやってきた代車はパジェロミニ。

ジムニーあるのに(笑

***
でもジムニーと比べるとすごく乗用車だなって思う。

ジムニーよりやや低いドラポジに、前輪独立懸架でより快適で安定性の高い足回り。
そしてこちらはジムニーと同じで、頑丈なSUV・クロカンらしい異様に重厚感のある乗り味。
ミツビシはeKワゴンの時も思ったけれども、車自体の造りは非常にイイ。
少なくとも軽自動車という枠の乗り心地ではない。

それらの要素が相まって、このテのSUVらしく、車自体の動きはいい意味でスローモーであり、ゆったりと走ることが出来る。
でもハンドルは何故か異様に重い。

ジムニーもJB23になるとオンロードでも意外といいじゃんって思うんだけど、パジェロミニと比べるとトラックだって思う。

なんだかんだで色んな所からのノイズの消音という概念に乏しく、走っている最中から大変賑やかなのは勿論、特に前輪がリジットサスになる差は大きくて、バネ下が非常に重く、かつ路面状況に容易に煽られる走行特性は、ジムニーって基本的にはオンロードのことはあまり考えてない車だと感じる部分。

エンジンも4気筒だからスムーズに回るし、静か(?)。
アイドリングなんかは冗談抜きで無音に近い。

・・・けれども、こいつはなんとNAでATである(w

久しぶりに乗ってヤバイって思うほど動力性能の低い車にぶち当たった感じだ(笑

少なくとも4車線以上の道ではキープレフト厳守レベル。

3気筒のジムニーと比べれば特に4000回転以上でのスムーズさは段違いなんだけれども、重い車体にNAでただでさえトルク不足なところに4気筒、スムーズに高回転まで回るはいいけれども、回るだけw
車速はそれに全くついてこない。

まあ、NAらしい伸びとスムーズさのお陰でアクセルを踏むことへのストレスは感じないので、燃費とかを気にしないのなら走らないことも無いような気がする。

ターボならいいんだろうか。
ターボ付きもなんかあんまり芳しい評判は聞かないけれども。

***
ちょっとだけ砂浜に行ってみたんだけど、うーむ。

流石にパジェロミニも4WDシステム自体は本格的な副変速機付パートタイムなので、走破性は大変よろしい。

履いていたタイヤが良く見たらH/Tどころか本当の乗用車タイヤだったから、そういう意味でのトラクションは苦しかったけど。

ATなので、アクセルをただ踏んでるだけでもトルコンが上手いことやってくれるので、扱いやすい。
ぶっちゃけ、トランスファーをローレンジに入れなくても、1速でアクセル踏んでれば意外となんとかなる感じで、本気のガレ場をクローリングするとかじゃなきゃそれほどトランスファーローとの差は無い気がする。
(MTのジムニーは明らかに違う)

というか、そもそもパワーが無いので結局砂場の抵抗にパワーが負けてしまっていて、その仲介をトルコンが上手くやってくれてるって感じか。

でもパワーが無い分だけ無駄にホイルスピンとかで地面を掘ったりしないから、そういう意味でも「妙に走る」一助になってたりして。

まあ、あの見るからにトルクの無いエンジンでもエンストせず、かつソロソロと車を動かしてくれるATは偉大。そういうのをやり過ぎたらAT死にそうだけど。

***
確かに商品企画としてはフツーの人でも乗りやすくSUVとしての実用性も兼ね備えた、如何にも当時のミツビシらしい車だと思うんだけれども、負荷を掛けていくとこの車はあくまで乗用車なんだなーって思う。

まあ、40年前からある意味基本構造がまるで変わってないジムニーと比べるのは酷かと思うけれども、自動車としての味わい深さ・性能実力はジムニーの方が上だけれども、普通の人にススメるならパジェミでしょう。こっちはもう絶版車だけど。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking