Driver's High


Home > インプレッション > 独立懸架の御利益

独立懸架の御利益
Posted: 2013年5月13日 00:02 インプレッション

ジムニーにオーディオ移植開始。

代車は前にも来たことがあるかもしれない2代目のワゴンR。

なんか・・・ジムニーに乗り慣れるとこの車でもすごく快適に感じる・・・。

結局、タイヤが1輪ごとに自由に動けるか、左右で繋がっているかの差がとってもよく分かるっていうか・・・。

確かに、完璧に作られた足回りと比べたらショボイけれども、同じ揺られるような動きにしても、同じような動きをしているように見えて足の動きが全く違うのが分かるっていうか・・・。

とりあえず、独立サスなだけじゃなくて、セッティングもヘタに固めようって意識が無さそうな感じなだけに、街中では足の動きがとにかく素直だ。

3代目とかはなんか飛ばすとグニャグニャなのに普段はシブチンっていう、乗る気の無くなる足回りだった気がするのと比べると、はるかに良い感じ。

大入力や飛ばすとショックが抜けてるっぽいのでぶわぶわだが。

でもボンネットに穴開いてるからターボモデルだと思うんだけど(あとターボタイマーがある)、ATのせいか恐ろしくもっさりしてるんだよなぁ・w・

NAと比べればトルクが有る(そして燃費がむっちゃ悪い)っていうのは分かるんだけど・・・。

この年式だとF6AとK6Aが混在してるからどっちか分かんないけど、レブが7000回転からだからF6Aのような気がする。

あとはこの時期の軽には何故か多い、ゴムを捻るようなステアリングとか・・・。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking