Driver's High


でも、1/10ツーリングカースケールで普通の車を再現するのは縦横比が破綻するんだよなw

ツーリングカーの(シャーシ)サイズって基本的にほぼ各社で共通なんですが、元々スケール比のベースがレーシングカー基準だから、スーパーGTのレースカー辺りだと綺麗に収まるんだけど、昔あったランエボ4辺りの5ナンバーセダン系とか、明らかに幅が広すぎるw

最近でも何故かCR-Zが通常スケールサイズで出てるけど、なんか幅がでかいw
あれはMシャーシで出すべきだったんじゃないだろうかw

それでも昔のタミヤツーリングの184mm幅ならまだマシなんだけど、最近はタミヤも基本190mmで限界までトレッド広げてるからなぁ・・・。

あと、ホイールベースが長い(短い)車だと、逆にホイールベースが257~260mmだから、今度は寸詰まりになる(間延びする)っていうw
これは全てのツーリングカーが昔からそうだから、どうにもならない・・・。

昔のタミヤショートシャーシとかなら240mm前後の仕様もあったし、ツーリングが出る前のCカーシャーシとかなら最長280mmって仕様もあったんだけどね。

いや、Cカーと言いましても、末期にはかつてのF103GTみたいな市販車ボディを載せた、いわばツーリングカーのご先祖みたいなキットも存在していたんです。

まあこの辺りはまだツーリングカーってカテゴリーが成立していない時期のものだったり、或いはタミグラみたいな狭いジャンルでのみ通じるサイズだったりするものなので、超ニッチなんですよね。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking