ロールするRCカー
Posted: 2015年12月31日 16:16 RCカー

実際、ツーリングカーシャーシというのは非常に低重心かつサスストロークが無く、しかもオプションパーツの組み合わせで極限まで柔らかい設定にしても結構硬いセッティングにしかならないので、正直なところ走らせていて目に見えてロールするということは、殆ど無い(笑

タミヤ車の場合はCVAダンパー3穴+200番オイル+キット付属バネが一番柔らかいが、これでもうーん?ってくらい。

昔気まぐれで作ってみた、TA03オフロード仕様としては上の組み合わせは悪路を走った時にちゃんとストロークが出て、外から見てても非常に楽しかったのだが。

故に自分なんかは、基本的にストローク感のある足回りが昔から好みなこともあって、タミヤのダンパーオイルセットではハードセットというのは買ったことがなく、寧ろソフトばっかり買ったくらいである。

バネもスタビも、普段はミディアムまでしか使ったことがない。

そういう意味で、非常に柔らかい足回り作りってツーリングカーだと結構難しいのだが、でも長いストロークのダンパーが欲しかったら、タミヤだとCVAダンパーの標準サイズ(バギー系のシャーシの標準パーツ。ツーリングカーに付いてくるのは「ミニ」か「スーパーミニ」というショートストローク版であり、TRFダンパーもそれに準ずるサイズ)使えばいいのに?と思ったり。

しかもCVAダンパーは樹脂ケース故、TRFダンパーみたいなアルミケースのダンパーと比べると精度が緩く、同じオイルや穴数のピストンを使っても柔らかくなる。

TA04辺りからだったと思うが、ツーリングカー系シャーシのCVAダンパーの付属オイルが400番から900番になったのは、高速化するツーリングカーの減衰力対策で、CVA1穴+900番の減衰力が、大体TRFダンパー等の2穴+400番と同等程度の減衰力とされた。
(まあそれくらいCVAダンパーは緩いってことである)

最も、時代が進むとこの900番のオイルすら、TRFダンパーのオプションパーツとして昔は設定のなかった800番より上のオイルとセットになって売られ始めたのだが(w

だから、TRFダンパー(スーパーローフリクションダンパー)で硬いときはCVAダンパーを使うっていうのは、ツーリングカーのノウハウの一つだったのじゃが、そういうのは失われてしまったんじゃろうか。

でもまあ、RCカーってオイルサーフェスでグリップの高い路面をハイグリップタイヤで走って、大概は禁止されてるけどグリップ剤とかまで使う場合すらあったんだから、タイヤが食い過ぎてハイサイド、なんていうのは日常茶飯事だから、より硬い足回りが求められ続けてるのもあるか。


Comments: 0

FRのラジコン
Posted: 2015年12月28日 15:57 RCカー

2輪駆動のラジコンというのは、DDシャーシを始めとして少なくはないのだが、「純粋なFR(ベース)のラジコン」というと実際のところ既成品では今まで見たことがない。

例外的なのはタミヤのTA03F系だが、これもどちらかと言えば当時のFFシャーシの発展形みたいな設計で、モーターがフロントオーバーハングに乗っかる構造なので、FR(ベース)と言うにはかなりフロントヘビーのキツイシャーシであった。
(実際重量配分はラジコンの中では最大の重量物であるバッテリーは比較的後退して搭載されるのに、60:40とかなりFFに近い)

ラジコンの世界でFRベースが好まれないのは、単純にこのワンオフシャーシを見ても分かるように、(特に4駆であることが絶対条件となっているツーリングカーでは)モーターの置き場が無くなってしまうのが一つ、そして基本的にはこういうラジコンの世界はレースありきであるので、曲がらないシャーシは好まれないというのが一つ。
フロントミッドシップ的なマウントになるシャーシも、輸入シャーシで見たことがあるような気もするけど。

実際前述のTA03Fも、アンダーステアの強さからタミヤグランプリですら使われず、モデル後期にはほとんど新製品はTA03R系になってしまっていたほどである。

***
ラジドリの観点から見ると、そもそもそういう風にフロントモーターのシャーシが殆ど無いので選びようも無いというのもあるのだが、では何故2輪駆動自体にはすぐにできるのにあまり後輪駆動化のドリ車が居ないのかというと、これはやはりリヤモーター系のシャーシではドリフト中の挙動がシビア過ぎて、2駆では扱えないというのも大きいのである。

そういう意味でフロントヘビーであるが故にスタビリティは高いTA03Fは元々ドリフト派からの支持は根強く、好事家が細々と楽しんでいる程度だった90年代末頃にはすでに03Fはドリフトユーザーには人気が高かったし、10年くらい前にはドリフトシャーシとして復刻されたりもしていたが、フロントモーターシャーシのドリ車というのは、実際それくらいしかなかったりする。

ただ、この動画では2駆の割には綺麗に走れているところや、最近はライトユーザー層にはこういうドリフトシャーシの方がウケることを考えれば、FRシャーシって案外作る価値があるんじゃないか、とも思ったり。


Comments: 0

ジムニーwwww
Posted: 2015年5月19日 22:07 RCカー

MF-01X.jpg

http://www.tamiya.com/japan/products/58614/index.htm

ジムニーwwwww

個人の改造レベルでは存在していたMシャーシの4駆、遂にキットとして登場するわけである。

それの第1弾がジムニーw

なんちゅう選択肢だ、と思うと同時に、こういう新製品系では如何にもこの後オンロードモデルが出ますというシャーシでもオフロードモデルが先行して出ることが割りとある辺り、今もRCの基本はオフロードモデルなんだろうか?

しかし、Mシャーシは当然4独サスで、恐らくこのシャーシにしてもジムニー専用ではないので、4独のジムニーというあり得ない仕様になっているわけだが(笑)、まあこの辺りはCC-01やその他クロカンシャーシのドナーとしてスペアボディが大量に売れるという自体になりそうな気がする(笑
(勿論、Mシャーシとあれらのクロカンシャーシは寸法がまるで違うので、改造シャーシの、ということになるが)

最も、CC-01なんかのクロカンシャーシにしても、当然シャーシ自体は汎用なので、CC-01だとランクル40なんかが前輪独立サスになってるとかの矛盾があったりするわけだから、足回りの形式とか気にしてても仕方ないのかもしれない。

***
むしろ、コレを気にMシャーシのコンペティションモデルなんかが大手を振って出てきたりしてね。

元をたどれば今のツーリングカーも、バギーカーから派出したスケールラリーカーの片手間でGT-Rも出したら、そっちが大ヒットして定着した、という歴史があるからだ。

***
でも素性を見てるとモーターをケツに乗っけてるみたいだから、重量バランス悪そうだなぁ・・・

Continue reading


Comments: 0

まぼろし
Posted: 2015年5月19日 21:27 RCカー

http://www.tamiya.com/japan/products/58604/index.htm

R33_TAMIYA.jpgうお、幻のR33市販ボディのRCモデル、遂に復刻されたのか。

数年前にはモデラーズギャラリーで限定販売されたりと、突発のイベントとしては少数復刻された例はあったものの、昨今の復刻ブームの中で、ツーリングカーブーム絶頂のTA01~02辺りの時代にリリースされた往年の名車のボディが続々復刻される中、取り残されたように放置されていたR33が遂に。

タミヤのツーリングカーボディの中ではGT-Rというのは、R32がRCカーのツーリングカーカテゴリーの開祖となるくらい売れたモデルなので、歴代様々な仕様が発売されたのだが、R33はちょうど時代がツーリングカーというカテゴリーが最もガチな頃だったり、実車のレースシーンでもGTカーカテゴリーに移行して市販車の面影の無い車になりつつあったせいか、GTカー仕様は多数出たものの、市販仕様(に近い)モデルは実はTA02の末期にリリースされたロックタイトニッサンスカイラインGT-R N1のただ1車種しかリリースされず、しかもTA02と03の移行期に旧型シャーシで出たものだから、恐らく販売数もかなり少ないと思しき幻のボディだったのだ。

その他の世代はというと、R32は御存知の通りなので復刻モデルにも早々に選ばれたり、現役当時もまだGTカーカテゴリーに値するモデルもグループAとかの市販車色の色濃いカテゴリーが主流の時期だったので、今のGTカーのような奇形ボディは存在せず、R34の時代になると今度はGTカーみたいなカツカツのコンペティション向け以外にドリフト需要が出てきたので、市販車に近い仕様というのが持て囃されるようになっていただけに、市販車仕様の34ボディがあっさり用意されたりと、33は色んな意味でRCでも不遇のモデルだったのだ。

最も、厳密に言えばR34も市販仕様ボディはニスモのコンプリートカーであるZチューンしか存在しないので、R32・33・35のような「完全ドノーマル(にできる)仕様」は存在していなかったりもするが。

しかし、同じような理由で長らく幻化していたスープラは案外あっさり復刻されたのに、R33はどうしてここまで放置されたんだろうね?

一応、模型屋の通販カタログになんかは2000年くらいまでは載っていたような記憶があるのだが、果たして頼んだところで本当に在庫が店にもメーカーにもあったのか怪しいくらいの存在だった。

残るはTA02W向けのワイドボディ車の復刻も欲しい気がするが、アレは今は少数派の200mm幅故、ラインナップが旧態化というかブームが去って久しい(けど何故かまだ売ってる)GPカーのTG10-Mk.2でしか売りようがないのが難点か。

Continue reading


Comments: 0

オーバーマスター
Posted: 2012年1月30日 22:16 MINI-Z

アホがおる(褒め言葉

ミニッツオーバーランドの4WDキットとかサードパーティから出てないかなぁと思ったら、ワンオフ品の4WDオーバーランドを作った人間が当然のように存在していた。

個人的には、ミニッツオーバーランドって4WDであってこそ輝くと思うんだよね。

オーバーランド系専用の前後リジットサスの深々としたサスストロークと、そのサスの動く様を眺める様子は実にリアリティに溢れていてカッコいい。

でも、オーバーランドの駆動形式は哀しいかな、DD形式の後輪駆動なのである。
ってか、リヤアクスルがDD形式のお陰で、リヤサスのバネ下も重くて動き悪いし。

おそらく、オーバーランドがミニッツシリーズ随一のいらない子状態なのは、この中途半端な仕様が災いしているように思えてならない。

もちろん、ミニッツAWDをリフトアップしただけみたいなお手軽4WDオーバーランドなら要らないけれども、まあ4WD化が叶った所で、どの程度良くなるか、と言われたら9割自己満足度が満たされる程度だろうとは思うのだけれども(爆

結局、普通のミニッツより高いとは言っても、ロードクリアランスが車体が小さすぎるお陰で1センチ強しかないので、ぶっちゃけ後輪駆動であること以上に、よく腹の下が引っ掛かるのである。

Continue reading


Comments: 0

THE DRIFTMA@STER
Posted: 2012年1月18日 02:37 RCカー

ドリフト向けのセッティングについてはよく分からんのだけど、昔のTA03のオプションパーツであったトルクコントロールユニット(前後のトルク配分を変えるパーツ)みたいな、前後のトルク比を変えるセッティングが大流行みたいだけど、どうなんじゃろ。

ワシらがTA03で遊んでた頃は、トルクコントロールユニットって典型的な地雷パーツで、付けてる人間ほとんど居なかったけど。
(ワシもダブルワンウェイまではやったけど、TCUまでは手を出さなかった)

でも、まあケツカキだのなんだのでそういうセッティングに価値を見出すのは大変よろしいことだけれども、マエカカナイって一体どういうセッティングだ。

トルク配分を変更せずに「マエカカナイ」ってセッティングを考えると、要は相対的にフロントのトラクションの掛かりを低くするようなセッティングが考えられるが。

となると、フロントをギアデフみたいな差動制限効果の無いデフにするのが一番だと思うがのう。

ドリフトだと、リヤは最低でもボールデフ、多くの人はデフロックでオープンデフなんてたぶん居ないだろうから、こっからリヤを強くしろって言われたら小手先のセッティング変更くらいしかないんじゃないか。
だからフロントってなるんだけど、フロントは何があるんじゃろ、でもワンウェイだとスロットル入れてる間はデフロックだしねぇ、やっぱり結果的に一番トラクションが「抜ける」のはギアデフってことになるけど。
まあワンウェイデフの回頭性を使ってノーズを入れて~ってやってる人は居た気がするけど、あとはデフと比べれば微々たる差かもしれないけどサスとか足回り弄るしか。

ウチはこの辺りは完全にグリップ派だし、経験上ドリタイヤ履けばどんな車でも横に滑るからセッティングもクソもないんじゃね?って思ってるくらいだし、何よりも何を意図しているのか読み切れないので、いい方法が思いつかん。

Continue reading


Comments: 0

レパードを愛する、すべての人へ。
Posted: 2011年6月24日 00:03 RCカー

ABCホビー 1/ 10 電動ツーリングカー用 01 スーパーボディシリーズ ニッサン レパード(F31前期型)[66130]ラジコン用 [返品種別B]
ABCホビー 1/ 10 電動ツーリングカー用 01 スーパーボディシリーズ ニッサン レパード(F31前期型)[66130]ラジコン用 [返品種別B]

http://www.abchobby.com/productimg/car/leopard_f31/index.html

ABCホビーェ・・・

Continue reading


Comments: 0

らじこん。
Posted: 2011年6月18日 21:37 RCカー

■TA06 PRO
タミヤ 1/ 10 電動RC組立 RCC TA06PRO シャーシキット[58492]ラジコン [返品種別B]
タミヤ 1/ 10 電動RC組立 RCC TA06PRO シャーシキット[58492]ラジコン [返品種別B]

なんかこれ、無駄が増えてない?

リヤはギアダウンドライブを介して駆動するって、これTA03時代のレベルに逆戻りしたような・・・。
フロントセクションも無駄に2ベルトだし。

どうもコンセプトを見るに、駆動効率は高かったけど、前後はともかく左右の重量バランスが最悪だったTA05の弱点をカバーしようとしてるようだけど、今度はTA03時代までの批判が復活するような気がする(笑

F201並の黒歴史になるような気もするけど、まあツーリングカーだから別の遊び方が編み出される可能性もあるし、最近は真っ直ぐはパワーソースの大容量・大パワー化で多少のロスは考慮する必要が無くなってコーナリング性能の方に重心を移してるってことかね?

まあ個人的にはTA05のセンターモーターレイアウトが好きだったっていうのもあるんだけどね。

■M06
タミヤ 1/ 10 電動RC組立キット マツダ SAVANNA RX-7(M-06シャーシ)[58493]ラジコン [返品種別B]
タミヤ 1/ 10 電動RC組立キット マツダ SAVANNA RX-7(M-06シャーシ)[58493]ラジコン [返品種別B]

久しぶりにタミヤのMシャーシのこと調べたら、M06までいつの間にか出ててビクーリ。

まあタミヤさんの通例では、Mシャーシは奇数型番は前輪駆動で偶数は後輪と分かれているので、単に同一世代のシャーシでもそれだけ新しい型番が振られるので(少なくともどちらかが出なかった世代のMシャーシは無いはず)、その分だけ進みは速いんですが、何時まで経っても新型の出ないTBエボ追い越しましたねw

昔はモノショックだった足回りも、M03辺りで4独になってからはMシャーシも4独なのね。

Mシャーシって比較的安くて頑丈そうだから、一時期M-04辺りの後輪駆動モデルにブラシレス突っ込んで珍走しようかとも思ったけど、Mシャーシは意外とギア比の選択幅が狭かったり、そんな無茶したらまずまっすぐ走らないだとか、ギアが破損するだとかいうので諦めたり、とか。

ところでタミヤさんにはTA02W用のカストロールスープラのスペアボディを再販していただきたく。
あとルマン仕様のGT-R。
今や幻のロックタイトBCNR33を再販していたのだから、これもできるはず!・w・

組立用・走行用・保存用・予備もろもろで5枚くらい買うわ


Comments: 0

タミヤF104
Posted: 2009年6月22日 21:19 RCカー

ちょっと前にF201ってシャーシがあった気がしたけど、まあ気のせいだったということにしておこう(w

しかし、久しぶりの新型F1シャーシ・・・つーか、先代のF103って僕が始めてキットRCに触った頃からあったから、15年近く引っ張ったことになるのか?

F1ブームの終息で一旦はフェードアウトしそうになったシャーシだけど、2000年代に入ってDDツーリングがプチブームになったりしてF103GTが出た辺りから風向きが変わってきたけど。

それにしても、今更新型とは驚いた。TB-03以上に(爆

しかし、基本構造は相変わらず3Pサス+DDなのな。
バッテリーの置き方が変わったから、コーナリングレスポンスは良くなってそうだけど。

タミヤF1だけでなく、エキスパートカテゴリーであるトゥエルブとかなんかが延々とこの基本構造を踏襲しているのを見れば、ほとんど変えようが無いくらい完成しているっていうのの裏返しなんだろうけど、なんだかなぁ・・・。

まあ、F201みたいにリアルだけど遅いっていうのもそれはそれでアレだけどね・・・。


Comments: 0

TB03
Posted: 2008年4月21日 16:47 RCカー

・・・って出るらしいね。タミヤの新型車。

現行のTB02がかなりのロングセラー、というか半ば忘れ去られている現状、もうタミヤも初心者向け以外ではシャフトドライブツーリングを見限ったのかなぁと思っていたら、モデルチェンジですよ。
しかも、TBエボ5MSもようやく発表になるらしくて、まだやる気みたいです。

でも、内容を聞いていれば相変わらずTAシリーズのシャフト版みたいな仕様。

個人的に、確かにシャフトとベルトではドライブフィールの違いという差はあれど、それ以外ではあまりTAシリーズとTBシリーズの差別化が出来ていないと思うので、個人的にはTBシリーズにはシャフトドライブ特有の高い信頼性というメリットを活かして、例えばTB01やら、昔懐かしいTA03以前やらのような、パーキングロットでも安心して走れるオールラウンダーシャーシとして再度君臨して欲しいのですよね。

無論、メカニカルのエンジニアリングレベルまで昔のシャーシのレベルに回帰してもらってはTT-01並に不自由なのに高い車になってしまいますから(笑)、極端な話現状のTB02にスパーカバー付けて車高を少し上げる程度で十分なのですが。

確かにTA05の中級車向けのシャーシとしてのコストパフォーマンスは驚異的なモノがあるけど、構造的には事実上サーキット専用車(クリティカルポイントの防塵性がゼロに等しい)。
もちろん、そういう車もあって然りだと思うけど、そういうレベル&コンセプトの車は2台も要らないと思うんですよ。

TA05のサーキットだけでしか走れないような性格、結構マターリ遊びたい身には(コスト的にも精神的にも)キツイので、余計そういう「昔のシャーシの再来」をして欲しいなぁと。

ていうかTBシリーズがなんか地味なのは結局ライバル以前に身内で競合して負けちゃってるからだと思うので、TBシリーズの存在感を出そうと思ったらそういう路線にした方がイイと思うんだけどなぁ。

そういう理念を持った車自体はTT-01が既に存在していますし、TT-01は確かに独特の構造をしていたTL-01と比べれば性能・コスト・信頼性を程よく折半したイイ車だと思いますけど、ちょっと違うような気もしますしねぇ・・・。

Continue reading


Comments: 0

1  2  3  4  5  6

右カラム