Driver's High


Home > Archives > 中古車 Archive

また乗りたいかっていうと
Posted: 2014年2月27日 22:28 中古車

HG50_152.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2514341217/index.html?TRCD=200002

車体番号:HG50-300455
モデル記号:NHG50XAED-J5
製造年月:95年5月
グレード:タイプV・油圧アクティブサスペンション装着車
カラー:KL0(プラチナシルバー)/R(トープ)
装備:AVシステム、本革シート、助手席エアバッグ、BBSホイール

Gパッケージに釣られたけど、Gパッケージじゃねえw

書こうと思ったネタそれでぜーんぶボツ(ぇ

でも、結局Q45って手放したのが良かったのか悪かったのか未だにわからなかったりして。
バネサスだとカネの問題を除けば一生ものの車だと思うけど、アクティブは面白いけどやっぱり怖い。

まあ、新車は楽でいいよー。色々と。

中古でも保証付いてたらあそこまで楽なのかと思ったけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

走行800km?
Posted: 2014年2月12日 04:55 中古車

0706082A30140209W00204.jpg

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/16/700070608230140209002.html

22年間でたった800km強しか走ってないのに、足回りとマフラーは変わってるって一体全体どういう扱い方された車なんでしょうね?

タイヤも見る限り何気にRE-01か11辺りのスポーツラジアルになってるので、なんらかの目的を持って弄った車であることは確かなよう。

これ逆に気になります!

国産車では珍しく盆栽にされてる個体の多いGT-R辺りだと割合見かけるパターンですが、こういう車では非常に稀なパターンのように思います。

自分の場合は後期のフルオプションじゃないと納得出来ないので・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

センティア
Posted: 2014年1月22日 13:11 中古車

U00011394693_001L.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2317709770/index.html?TRCD=100002

センティア・エクスクルーシブ。

まあ実際どれだけ売れたのかは知らないけれども、なかなか見かけなかったセンティアの最上級グレード。

例のMS-9もまだ売れ残ってるみたいだけれども、それのセンティア版であります。

どっちがレアかって言われたら当然MS-9の方がレアなんだろうし、マツダ的にもMS-9の方を上級に位置づけていたフシがある(まあ違いらしい違いは殆ど無いけど)けれども。

でもそれを考えると、当時のマツダのブランドってわかりにくいとは言われていたけれども、プレミアムブランドだけでもまずアンフィニとユーノスが激突してて、更にマツダ本体にもこういう高級車があったんだから、今でも非常にわかりにくいと思うの。
(さらにここにアマティが加わる予定だったんだからカオスである)

ただ、MS-9は基本的にセンティアで言えば前期型に当たるモデルしか存在しないのに対して、こちらは6年式なので後期型なのがちょっと残念なところか。

この時代の車はこれよりもひとつ前の世代の車とは別物みたいにデザインが複雑になった時代でしたけれども、同時にこの時代みたいな優美なプレスラインの車が最近少ないのは、残念であります。

もちろん、今のプレス技術は当時よりも断然上がってるんだろうし、だからこそ今の車はより複雑なプレスラインとかを付けても量産ができるようになったんだろうけど、今ほど細かい造形ができなかった分だけ、この時代が線と円のバランスが一番良かったような気がします。

でも、15年くらい前のVIPカー界隈ではセンティアって「とりあえず安くてそれなりにタマがあって見栄も張れるから」っていうことで大人気でしたけど、実際どれだけ売れたんだろう?

確かに、現役当時はそういう中古で定番になれるくらいは見かけた気もするけれども。

とりあえず、そういうので大量にタマが潰された車だけれども、こういう希少グレードでもまだフルノーマルに近いこういう車も生き残ってたんだね。。。

***
しかしホイールがザウバーディッシュっていうのがまた・・・。

何故かセンティアにはこういうこの頃の定番ホイールのイメージが非常に強い。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

MIDNIGHT BLUE
Posted: 2014年1月14日 00:51 中古車

JG50_051.JPG

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h184263566

ミッドナイトパープル・・・。

と一言で言っても何種類か有りますが、オールペンの候補であったこともありました。

自分が候補にしてたのはミッドナイトパープルIIIですが。
(そういえば最近新しい色出ましたね。コレ)

ミッドナイトパープルはカラーコード別に言えば恐らくもっと多そうな気がしますが、今のところ存在を確認しているのは4種類。

ひとつはQ45の海外仕様にも設定のあった普通のミッドナイトパープル。
この色は割りと90年代中頃の車には多数設定があり申した。

そしてマジョーラになったミッドナイトパープルIIとIII。
どっちも34GT-R専用の限定色でしたが、違いは・・・確かIIが2コート色でIIIは3コートになって色味の複雑さが増した、とかそんなんだったような。

そして最近出たジュークの限定色のIV。
マジョーラってこと以外は何が違うのかは知らん。

一番最初のミッドナイトパープルなら後から塗る分には普通の2コートのパールメタカラーと同じでしょうが、II以降のマジョーラタイプになると一体いくら掛かるか分かんなかったらやめたんですよね・w・

そもそも結果的に言えばガーネットブラックも見方によってはミッドナイトパープルっぽくも見えたけど、検討していた色はどちらかと言えば黒系で赤い透かしが入るような色を希望だったわけだし、マジョーラ系ミッドナイトパープルは専用塗料が必要なわけで、しかもIIIになると更に3コートになるし。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

タイプツーリング
Posted: 2014年1月 4日 00:21 中古車

FY32_011.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2420180522/index.html?TRCD=200002

車体番号:FGY32-227582
モデル記号:CPFARRAY32EDA-----
製造年月:93年3月
グレード:タイプツーリング
カラー:DJ2(ダークグリーン)/K(モーブグレー)
装備:オプション無し

前期のタイプツーリングってめちゃくちゃ希少じゃないか?

確か追加が前期の最後の最後(93年の2月だったはず)だし。

後期でも同等のグレード自体は存在したけど、ターボが追加になってツーリングはターボのグレードになったので、前期はV8しか設定がなかったとはいえV8ツーリングは前期のこいつだけ、と。
しかも前期はタイプIIIばっか売れてたことを考えると、実際こういうグレードってどの程度売れたのやら。

でも悲しいかな、こういうスポーティグレードは初代の頃からあるけど、初代の頃は腐っても上級グレードベースだったけど、32からはどちらかと言うと廉価グレード的な立ち位置になってしまった。

確かカタログでの掲載順番も最後の方(専用ページとか無い)だったはずだし、後期になってエンジンがターボに「グレードダウン」されたこともそれを示している。
31やセドグロ、或いはそれ以降の世代と比べると外見的な差別化もほとんどされてないし。

一応、鍛造ホイールとかエクセーヌシートとか、専用装備もあるんだけどね。

こういう差別化がヘタクソなところはニッサンらしい、というか、単に32シーマは元のコンセプトがお上品過ぎてそういうグレードが全く似合わないだけ(性格が似た感じのマジェスタでもそういうグレードはあるけど、存在感は同等レベル)かもしれないけど。

今改めて見てみると、タイプIIベースで後席パワーシートがあった31同様、この車もパーソナルグレードなのに後席パワーシートが付いたりしちゃってる辺りは、シーマらしいとも思う。
(シーマって最廉価グレード以外は後席パワーシートほとんどの場合で標準だよね)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

フルオリジナル?
Posted: 2013年11月 5日 13:10 中古車

Y32_017.jpg

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/178469417

車体番号:PBY32-013019
モデル記号:MLEBRUAY32TZAKYEQ-
製造年月:91年10月
グレード:セドリック グランツーリスモアルティマ
カラー:KH3(ブラック)/W(モーブブラック)
装備:寒冷地仕様、エアバッグ+ABS、サンルーフ+ヒーターミラー、デジタルメーター、本革シート

これと仕様はソックリですけれども、フルオリジナル(に近い)という意味ではレストアして綺麗にしてみるのも面白いかもしれませぬな。

しかし、なまじオプションの選択肢が広いといっても、フルオプションに近い個体かほとんど何も付いてないような個体かの二択しかないっていうのもなぁ(笑
LVのフルオプション(orVIPのフルオプション)って出てくると思う?

あと、確かにオプションはたくさん付いてるけど、シーマより高いは流石に言いすぎじゃないかなあぁ(笑
この時期のアルティマって、結構安いのだ。(確かオプション無しで370万くらいだったはず)
逆にシーマは32以降は結構高く、インフィニティにも迫る値段のタイプIII-LTDは勿論、タイプIでも430万くらい(消費税で値段の下がった31後期の最上級グレードとほぼ同じ、セドグロだとブロアムVIPと同じくらい)する。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エアバッグ #2
Posted: 2013年10月31日 22:52 中古車

Y32_018.jpgなんとなく、このハンドルってローレルと共通部品のような気がするんだけど、どうなんだろう?

エアバッグモジュールの部分が結構特徴的なのでそんな気がするんだけれども。

この車自体は、グレードはブロアム。
32までは妙な差別化の一環でブロアム系では革巻きハンドルっていうのは無かったんですが、32後期からは例外で革巻きになる仕様が登場しており、その例外が「後期はブロアムでも一部革巻きハンドルがエアバッグ装着車なら選べる」とのことだったけれども、こーなる基準って結局何なんだっけ?

エアバッグ無しのブロアムにはエアコンのステアリングスイッチがあるわけですが、ステアリング(というかエアバッグモジュール)が本来のブロアム用とは別のもの(32全体ではグランツーリスモと共通)になったせいで、オミットされております。
ブロアムVIPやシーマにはエアコンスイッチ付きのエアバッグ(シーマは当然革巻き)があるのにね。

かなり不思議な感じだ。

あのエアコンの操作スイッチは個人的にはすごい好きなんだけどなぁ・w・

この当時のニッサンはコストダウンのためにステアリングなんかの共通化を始めた、っていうネタを大昔に聞いたことがあるんだけれども、かなりなりふり構ってないというか、この頃のエアバッグ無しがまだ当たり前だった時代の車はY32みたいにそれ逆にカネかかってるんじゃないの的な共有をしてるんだよね。

ちなみに、同時期の車のハンドルでもっと不可解で複雑奇怪なのはクルーだと思う。
後期の11マーチとかのステアリングに統一される前は、エアバッグ付きのハンドルだけでも何種類かあったような・・・。

これがもう一世代重ねると、ニッサンはデュアルエアバッグ全車標準をウリにしだすわけだけど、その副作用もあるのか今度は3種類くらいしかハンドルの種類が無くなるわけだけどw
継続生産のZとG50だけ、何故か専用のステアリングのままだったけど。

***
ちなみにこの車の仕様はこんな感じ。

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020659120130926001.html

車体番号:PY32-810331
モデル記号:MLEARGNY32EDAFFC--
製造年月:94年11月
グレード:セドリック ブロアム VG30DE
カラー:WK1(シルキースノーパール)/X(グレー)
装備:マルチAVシステム、デュアルエアバッグ+ABS+プリテンショナーシートベルト、デジタルメーター

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

フルオリジナルだったら良かったのにね
Posted: 2013年10月31日 22:47 中古車

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700054101020131018001.html

車体番号:PBY32-013019
モデル記号:MLEBGUAY32TZAKYJQ-
製造年月:91年10月
グレード:グロリア グランツーリスモアルティマ
カラー:WK1(シルキースノーパール)/W(モーブブラック)
装備:寒冷地仕様、エアバッグ+ABS、サンルーフ+ヒーターミラー、デジタルメーター+マルチAVシステム、本革シート

グランツーリスモなのになんで後期ブロアム顔、まあそういうのはたまに見るからいいんですけれども(逆は前期だと結構難儀)、しっかしこんなオプション付いてる32なんて滅多に見たことなかったんですがー。

現車の装備見てるとマルチ撤去するために色々と変なことになってるので分かりにくいですが、アームレストがマルチ車用のものだったので、たぶんこれでいいんじゃないかと。。。
(後席エアコン+ピュアトロンってグランツーリスモじゃオプションだったよね?っていうかオートピュアトロンってセドグロにあったような、無かったような・・・シーマのパネル?)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エアバッグ
Posted: 2013年10月30日 08:59 中古車

Y32_016.jpg

http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p365209344

車体番号:PBY32-612312
モデル記号:MLEAGUNY32EDAK----
製造年月:92年6月
グレード:グランツーリスモSV
カラー:621(ピュアホワイト)/W(モーブブラック)
装備:エアバッグ+ABS

個人的にはコッチみたいな感じの方が実は好みなわけで(笑

でも前期になるとエアバッグとABSが標準装備されているグレードはブロアムVIP系とブロアムGだけで、残りは全部オプションなので装着率が時代もあって非常に低い。
(ウチにあったグロリアなんかはABSだけは付いてましたが)

故にこういう個体はまず巡り合えないわけであり、グランツーリスモ用のエアバッグ付+スイッチ無し+革巻きハンドルなんて滅多に見かけないわけであります。

また、SVはVG30DE搭載グレードになるので、ミッションが5E-ATだったりと非常に渋いと個人的に思ってるので、ブロアムVIP・アルティマLVの次辺りに好きなグレード。

しかもSVとてY32の頃はまだかつての最上級グレードとしての矜持も残っていたのか、結構オプションも豊富にあって、本革シートなんかも選べたりするんですよね(33になると選べない)。

まあ1回革付きのSVは見ましたが、それ以外のオプションも山盛りにしたような、そんな満艦飾なSVが要るとは思えませんが。

***
ところで、後期からだったと思うけどエアバッグ+ABSのパッケージオプションが「Sパッケージ」って名前になってるっぽいんですよね。

最初、Sパッケージってなんぞや、なんか走り関係の装備が追加されとるんかいと思ったら、Sはセーフティとかその辺りの意味らしい。

そういえばエクストレイルでもサイドエアバッグとかのオプションが「Sパッケージ」でセットで付くことになるので、何気にこの「Sパッケージ」って言葉はニッサンの伝統的な名称のようで。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

LV
Posted: 2013年10月29日 23:27 中古車

Y32_015.jpg

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g132403479

車体番号:PBY32-407829
モデル記号:MLEBRUAY32TDA3----
製造年月:92年8月
グレード:グランツーリスモアルティマLV
カラー:KH3(ブラック)/W(モーブブラック)
装備:-

LVっぽい。

うん、個人的にLVは大好きです。
ABS・エアバッグ付きの個体が居たら捕獲したいですね・w・

FAST上ではアルティマLVはパッケージオプションとして表示されるので、ちょっと分かりにくいですが。

でも、この当時のグランツーリスモシリーズってオプションの選択肢が結構あるので、実際問題好みの個体に(中古で)行き当たる可能性って非常に低いと思うんですよねえ。
しかも希少なLV。

その上意外とセドグロってオプションの装着率が低い気がするので、自分みたいな希望の個体を探すのって本当に万に一つの確率レベルな気がする。

そういえば、前期の後半辺りは特別仕様車としてもこの鍛造アルミを履いたグランツーリスモがあるっぽいので(60周年記念車?)、ぱっと見LVと紛らわしい個体が結構あるのが難点であります。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking