Home > Archives > インフィニティQ45 Archive

そんなのあったんだ・・・
Posted: 2016年2月29日 22:10 インフィニティQ45

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n168096605

HG50_163.jpg(カナダ仕様なんてあったんだ・・・この車・・・)

北米仕様のメーターはスケール自体は同じでも、目盛りは外側がマイル表示になるので、外側がキロ表示の260kmスケールメーターなんて今まで存在が知られていなかったわけですが、部品に品番が思い切り書いてあるので探ってみたところ、どうもカナダ仕様の部品らしい。

まあ確かにアメリカとカナダは実質一心同体みたいなものですから、インフィニティがアメリカ専売ブランドであった頃から売っていてもおかしくはないけれども、アキュラなんかにもカナダ専売モデルとかあったりして微妙に市場性が違うことは知っていたんですが、こういう違いもあったんですね・・・。

***
ただ、カナダという国はイギリス連邦の一角でもありますが、イギリスもアメリカと同じくヤード・ポンド法の国ですから、本来はこういう計器表示もアメリカと同じような文化になりそうですけど、違うんですなあ。

***
このメーターを見ても分かる通り、実は前期型はオドメーターとスピードメーターが別体になっているのですけれども(後期型はASSY)、こういう場合ってメーター交換した場合距離の扱いどうなるんでしょうね?

***
セルシオではヨーロッパ仕様だったかオーストラリア仕様だったかのメーターを取り付けるのが一時期流行ったことがありましたが、この車は付くのかねえ。

60km/h=637rpmの刻印から見ると機械式メーター?みたいな感じもしますが、裏を見ると普通に電子式メーターのよう、というか日米(加)で同じに見えますが。

そもそもすでに電子制御満載の時代の車で特定の仕向地だけ機械式メーターというのも変か。

まあ出品者が煽ってるように、ニッサン車にはインパルメーターというシロモノがあることと、こういうカナダ仕様の部品なんて知られていなかったので、そもそも180km以上の表示が欲しいから海外仕様のメーターを付けるなんて文化は無かったわけですが。

***
ちなみにインパルのメーターは日本仕様のメーターを強引に改造したものらしいので、一部の速度域ので表示値がかなりズレたりするなど、精度が結構悪いらしい。
(Q45のメーターはかなり精度がいいのです)

でも、海外仕様のはこれが標準ですから、精度はいいのかね?


Comments: 0

とりあえず
Posted: 2013年4月 9日 00:37 インフィニティQ45

本日を以って廃車に致しました件。

でもここまで色々と予定がずれ込むんだったら、敢えて5月分までの課税は甘んじて受け入れて、月割で自動車税還付を受ければ良かったのかもしれないなぁって。

ちょうど、元々の車検はアテンザ納車前後くらいまではあったわけで。

まあそうなると廃車一択ではあったのですが、やりようは色々あるわけですから。


Comments: 0

一時抹消
Posted: 2013年3月27日 21:23 インフィニティQ45

とりあえず一時抹消は終わった。はずである。

最も、抹消謄本はまだ受け取っておりませぬ故(今日は店も休みなので)、全部の書類は揃ってませんが。

とりあえず、これで置いておこうと思えば何時まででも置いておけるけれども、現実的に考えればそう長くは置いておけない(少なくとも自賠責が切れるまで)ので、さてどうしようか。

まあ税金の催促が来ないだけでもいいか。


Comments: 0

能登有料道路
Posted: 2013年3月20日 23:00 インフィニティQ45

あと2週間もすればタダになるのに今更行くかとか言わないw

こういうことたまにしますの。
最も、今回はある意味行かなくてもイイ予定を立てただけですが。

しかしながら、ノックセンサーとO2センサーを交換した燃費の面でも効果がようやく見えた気がした。

80kmくらいを多用した時の燃費の伸びが以前よりも明確に感じられるレベルに。

うむ。うむ。

***
でもよー考えてみると、往復で1200円くらいかかってる。

しかも、片道で500円なり600円なりを1回で取られるんじゃなくて、入るとき出るとき、或いはちょっと行くごとに少額ずつ取られる体系だから、なかなか鬱陶しいのよね。アレ。

でも、看板とかはもう掛け替わってたけど、そういうのの掛け替え費用やらなんやらを含めて償還が完了した、ということなんだろうか。
(そういえば川北大橋もタダんなるんですよね)

あとは料金ブースどうすんの的な。

あれボトムネックだよね。料金所自体は無くなっても。


Comments: 0

最後の一冊
Posted: 2013年3月19日 23:54 インフィニティQ45

HG50_148.jpgIV型以降の車におかれましては、そもそも余り興味が無いので放置しておりましたが(っていうか、このテの資料はあんまり見かけないし)、最近オクでめっけたので、落としました。

これで新車解説書とサービスマニュアルは全部揃ったんじゃないかなぁ。

最も配線図は一冊も持ってないけど。

インフィニティ専用の資料としてはあとボディ屋さん向けの寸法図みたいのも存在するみたいね。

それ以外にはエンジンとかトランスミッションそのものの解説書みたいのもあるけど、これはいいんじゃないかな。
(アクティブサス整備要領書っていうのも実在してるのも知ってるけど、どーもアクティブサス採用車の整備要領書のアクティブサスの項だけ抜き出してまとめただけの資料じゃないか疑惑はあるけど)

***
この本を買ったことで新たに分かったこと。

■ブレーキパッド警告が電子式から機械式になってる。
つまりブレーキパッド摩耗の表示がIV型からは出ない。
普通のウェアインジケータでの警告になったということ。

■パワーウインドウやサンルーフの挙動が変わっているらしい
いわゆる、パワーウインドウのキーOFF動作やサンルーフのワンタッチ操作。
これらが無くなっているらしい。
パワーウインドウとかは目立たない装備(実際殆ど使ったこと無い)けど、サンルーフはどうなんだろこれ。

■エントリーキー照明(恐らくドアキーの照明)が無くなったらしい。
しかし実際あまり明るくないので目立たないしキーレス使ってるとそもそもお世話にならないんじゃないかな・・・。

■カーテシーランプの挙動が変わっているらしい。
開いたドアだけランプが点くようになったんだとか。

■タイプRだと一部装備の自己診断が正常でも異常表示が出るようになったらしい。
コストカットされた部分を除けば装備自体は基本的にはIII型と変わっていないのだけれども、いわゆるタイプRではVと比べて元々オミットされてる装備の「部品が取り付けられて無いこと」をコンピュータが感知して異常発報するという図式。
恐らくだけどIII型ではIVMSユニットがグレード別に分かれていたのが統一されたんじゃないかな。

■相変わらずメーカー内部での取り扱いと体外的な取り扱いが逆だったりする。
メーカー的には、サンルーフレス車が標準でサンルーフはオプション扱い、という書き方になってるけど、カタログじゃ全く逆じゃないですかー。

***
やっぱりとりあえず目立たないところを壮絶に削ってるなぁ・w・

値段一緒なのに。


Comments: 0

THE POWER OF HEARTS
Posted: 2013年2月11日 19:31 インフィニティQ45

D31サイズのバッテリーって20kg以上もあんのか・・・。

てか車の鉛バッテリーってそんな重いものだったのね。
こういうところから軽量化していけばいいのに。

普通の車が使うようなサイズはもうちょっと軽いけれども、そりゃ重量配分を調整する決め手の一つにもなりますわな。

(純コンペティションユースの軽量化最優先の用途には鉛バッテリー置き換え用のリチウムイオンバッテリーもすでにあるそうで、容量や放電性能に関しても鉛バッテリーと遜色ないらしいけど、現状リチウムイオンの特性に起因する信頼性が低さから常用用途には向かないらしい)

でも、ただでさえ頭重いのにそんな重い物を鼻先に積んでるG50って。

***
やはり純正が95D31というサイズのせいか、バッテリーはなんだかんだでなかなか上がらないのだけれども、流石に気がつくと4年以上交換してないし、去年と比べると放置した時の性能の落ち方が激しい気がするので、このままでは来年の冬は耐えられない(と思う)。

個人的にはパナソニックのカオスが良いと聞くし、カオスはやたら大容量(D31クラスだと135相当になる)なので、95相当だと95D23という2サイズも小さいバッテリーで十分ということになるけど、やっぱり小さいバッテリーって不安だ。

別にバッテリー負荷が大きくなるような装備は付けてないけど、この通り冬は乗らない。
それに何が何でも軽量化が必要なワケでもない。
そもそもG50はD31以外のサイズの設定は無いので、載るかも分からない。

そして今車検から整備体制を変更して、今まで車検でまとめてやっていたことを半年ごとの点検に分散してコストの平均化を図りたいけれども(今年の車検は目指せ10万円的な?その代わり半年点検とかが5万円とかになったりする)、そもそも車検まで乗っているかどうかが不安である。


Comments: 0

20年目
Posted: 2013年1月 3日 05:12 インフィニティQ45

そういえばウチの車も今年で製造から20年目ですよ!20年目!

正確に言えば8月まで登録が存在していれば満20年、ということですが。

この車の登場は89年ですので、登場からは既に24年経過しておりまうす。
実際その時にはそういう記事を書いていたりしますが。

まあ未だに部品供給は非常に良好な車でありますけれども、中古の個体は最早無きに等しいような・・・。

***
でも結局、この車を乗り続けるかどうかっていうことについては、なんとなく乗り続けちゃう気がするんだよねぇ。

結局、とりあえずアテンザとかエクリプスとかチンクとかカングーとかであーだこーだ言いながら見に行ったり話し合ったりしているけれども、最終的にどの車に納得できるかってなったらどの車にも今のところ代替候補として判を押せるまでの納得には至っていないと。

そりゃあ、経済性でも性能でも装備でも、今の車のほうがいいのは当たり前なんだけど、最終的に判断するポイントっていうのはそこだけじゃないでしょっていう、至極当たり前の話になるわけで。

「2台目」とかっていうのなら、ジムニーがほとんど即購入だったように特定の要件さえ満たしていればOKなんだけどねえ。


Comments: 0

あの丘まで進めストレート!
Posted: 2012年10月26日 20:18 インフィニティQ45

やっぱり平地ではO2だけ変えたときほど変わっていないような・・・。

でも高負荷時の音が勇ましくなったような。

そういえば前よりアクセルが踏めなくなった気もしてるのはきっと加速も良くなったからでしょう。

それではいつもの山坂道へ持って来ました(三本ヴォイス

やすやすとのぼってく・ワ・

はしりすぎてる?・ワ・

とるくだとるくー・ワ・

どないやっちゅーねん・ワ・

とりあえず今までは2速じゃないとかったるかったところも3速でやすやすと登っていける的な?
確かにトルクは出ているらしい。


Comments: 0

ようやく直った、ような・・・
Posted: 2012年10月22日 19:22 インフィニティQ45

2年越しの懸案、とはいうものの、最初の1年10ヶ月は放置だったので基本的にはやる気の問題。

早い車なら30分で終わるような作業ですが、この車は付帯作業が山盛りにあるので早くても3日4日は余裕でかかります。1ヶ月で2回もインマニを外すような話になるとは思わなかった。

とりあえず月曜はディーラーさんは休みなので、自前で自己診断起動、さすればようやく故障コードは55(正常)、どーも怪しい格安のノックセンサーがダメだったらしい。

でもどれだけ変わったかって言われたら、O2センサーの方が効果が大きかった的な?
ノックセンサー単体では、たぶんそれだけが問題だったら違いも感じれたんだろうけど。
点火時期よりも燃調の方がフィーリングへの影響は大きいのか。

まあ、エアコンとかで負荷を掛けた時のパワー落ちは明らかに減ったとは思う。
この辺りは、ノックセンサーが復活して進角制御もできるようになったお陰?

とりあえず、以前関越道であったようなV6のアルファードとかにはついていけるんじゃないかなぁ・・・レクサスのせいでPOWWWWWEEEEEEEEEEEEEEEERRRRRRRに対する感覚が少しマヒしているような気がするし、このへんでそんなのに会ったことも無いけど。

あと、せっかくだからO2センサー自己診断モードで少し走ってみたけど、思いの外フィードバック領域は広いらしい。

街中はほぼずっとフィードバック、高速走ってもかなりの領域でフィードバック制御。
加速中でもかなりの割合でフィードバック領域のまま。

当然この車のO2センサーは全領域ではないので、基本的に理論空燃比をずっと使い続けているということになる。

こりゃ影響大きいわ。

BOSCH ボッシュ ユニバーサル O2センサー 15726 (LS5726) 並行輸入品
BOSCH ボッシュ ユニバーサル O2センサー 15726 (LS5726) 並行輸入品


Comments: 0

O2センサー・その後
Posted: 2012年10月 9日 00:22 インフィニティQ45

やっぱりO2センサーを変えてからエンジンの調子は安定している。

2000回転前後のトルクも安定して出てるし、燃費もおそらくこの領域では2~3割程度の改善は間違いない。

以前は2000回転前後のトルク感が不安定で、この領域を多用する100km/h前後の燃費が異様に悪く、アクセルをモリッと踏み込んで燃調フィードバックが外れるであろう高負荷域を多用したほうがむしろ燃費がいいという妙な状態だったけど、おそらくはこれからはアクセルの踏み具合に応じた燃費となるでしょう。

ここで改めてECUのマップを見てると、ハイオクとレギュラーマップの差は低回転・低負荷域ではほぼ無しか。

「ノッキングが出やすいのは負荷がかかっている時です」っていうのが非常に分かりやすいマップであるw

特に後期は燃調フィードバックの領域が大幅に広くなっているっぽくて、中負荷以下の領域ではハイオクでもレギュラーでもほぼ全回転域フィードバック制御となる。
O2センサーの影響大である。

ということはハンデは9度強制遅角だけか。

ふむ。

Continue reading


Comments: 0

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

右カラム