Driver's High


Home > Archives > 自動車 Archive

こんなミニバンもありました
Posted: 2017年9月 8日 02:44 中古車

CHARIOT_001.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5912263694/index.html?TRCD=200002

シャリオリゾートランナーGT。

94年くらいに追加グレードとして登場したグレードですが、何を思ったのか4G63ターボを突っ込んだ快速ミニバンでありました。

当時のミツビシはパジェロの6G74・4M40追加や隠れた最速ワゴン・リベロGT(本当に速かった)の設定、のちのレグナムの発売などと並んでRV車の高速化に妙に熱心でありましたが、ある意味究極のゲテモノグレードであります。

同じターボでも大型モデルのダウンサイザー的な選択だった3代目MPVなどと違って、車格はデリカより下で今で言うところの3列目はエマージェンシー的な小型モデルでしたから、純粋にモアパワーを求めて載っけたってところですね。

確かに当時のRV車はレガシィの大ヒットの煽りを受けて急激に高速化の一途を辿っておりましたし、実質兄弟車のRVRが比較的アクティブな性格を前面に押し出したタイプの車でこちらにも同時期にターボ車が追加になってましたけど、そもそも7人乗りのミニバンにこんなハイパワーエンジンを積んだのはシャリオが初めてだった記憶があります。

そもそも当時のミニバンなんて鈍足の代名詞みたいな、本当に人を載せることしか考えてないような車がほとんどだったわけで、その中ではシャリオは今のミニバンに繋がるような乗用車ベースの出自で元々ミニバンというジャンルの中では快速モデルではあったのですが、そういうジャンルの車に高速道路でならシルビアくらいは余裕でぶち抜けそうな車が出てきたことに当時非常に色めき立ったわけです。

のちにニッサンが何を思ったのかリバティにSR20DETを載っけたこともありましたが、その先達みたいな存在ですね。

ただシャリオが異色だった点は・・・。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

新型リーフが発表されました。
Posted: 2017年9月 6日 11:15 自動車コラム

概ね、

・基本的な行動可能範囲が原チャリレベルでユーザーから総スカンくらった
・C~Dセグメントのハッチバックなんて元々中古が安い
・ニッサンの微妙な立ち位置の車なので(ry

という、中古相場が爆下げする要素が揃っているからじゃw

勿論最初期型は公称航続距離200kmが大嘘レベルの電力消費量のヤバさ(EVに最適化されていなかったのか補機類や装備類がすごかったらしい)とかも指摘されていたところだけど。

それでも最近まであまり話題にならなかったのがEV補助金の縛り6年間があったせいで、本当にリーフの現実が嫌な人は補助金を返納してでも(或いは補助金など受けなかったのか)即刻売り払っていたっぽいけれども、大多数は当時受けた莫大な補助金の返納と保有期間満了までのコストを天秤にかけて「塩漬け」という方向に流れていたようなので、最初期型の保有義務期間の切れる昨年辺りから、こういうタマの市場放出が大量に始まったというところである。

尚この人はジムニーとも比べちゃっているけれども、こういう車とそもそも普通の車を比べてはいけない。

ジムニーは知っての通り実用車・趣味車として全年式を通して中古需要が旺盛なことと、海外輸出でも需要があるので個体の取り合いになりやすく、相場が高値安定しているのだ。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Z33-000001
Posted: 2017年9月 4日 01:23 中古車

http://jp.autoblog.com/2017/09/02/2003-nissan-350z-serial-number-1-for-sale/

最近のニッサン車(Z33が「最近」かは分からないが)は昔と違って車体番号のトップナンバーが「101」ではなくそのまま「1」から始まっている場合もあるらしく、Z33の車体番号は確かにZ33-000001(GLJARSYZ33EDAC--BA・KY0/R・02年7月製造)から製造されているようなのだ。

以前BNR32の時にお話ししたが、元々ニッサン車はかなり特別な事情がない限りは基本的に車体番号は101から始まり、また先頭1文字目(場合によっては2文字目も)は大体の場合でいわゆるロット番号となる。

そのため、「000001」などの車体番号を持つ個体は以前は事実上存在しない車がほとんどで、仮にあったとしてもそれらの車は試作車や一般販売以外の何らかの目的で作られたもので本来門外不出のはずなのだ。
(例えばBNR34なんかはそういう特殊な車体番号を持つ極初期ロットのほとんどはレーシングチーム絡みなどの関係者筋に卸されていることが判っている)

それが今は普通に存在する、と。
(でも頭0から始まる車体番号は無い車は今でも珍しくないようで)

但し、このZ33の車台番号はFASTの2003年版でヒットしたもので、日本でのデータとなる。
またVINというのは本来全世界・全メーカー共通で規格化された表記法なので、恐らくは内部的にはこのZ33には別の型式・車体番号が割り振られていると思われるので、同じ「000001」でも日本と北米のどちらが量産1号車になるのか、それは全くわからない。

尚、日本でのZ33-000001は普通に製造され、そして出荷され、既に廃車になっているようだ。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ホンダの判断は正しいものであるのか?
Posted: 2017年8月30日 01:03 自動車

【温故】シビックタイプRのデュアルアクシス(2つの軸)サスペンションとは?【知新】
http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/archives/52495473.html

ストラット形式のサスペンションの利点は何と言ってもシンプルに安定した性能の独立懸架を達成できることにある。

故にストラットでこういうような凝った構造をするのならば素直にダブルウィッシュボーンなりマルチリンクなりにすればいいのに、と思うのだけれども、何かそうできない理由が存在するのだろうか。

コスト以外で。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ジムニー
Posted: 2017年8月25日 23:28 自動車

jimny.jpg

ジムニー。

最早軽トラとかでも見なくなったラダーフレーム+4輪リジットサス+ボールナットステアリングを今の時代に継承する希少な車。

ぶっちゃけこのテの車はすでに基本設計が熟成され尽くしている上シンプルこの上ないので、元のシャーシをガッチリ作っておけばこういう風に10年でも20年でも売れるんですよね。

とはいえジムニーも徐々に乗用車チックにはなっていっているようで、JB23なんかはごつい感じはするけど普通に乗れるなぁと思っていた折、JA12Vなんかは一般人が買うような車なのに乗用という言葉すら何処かに忘れてきたような乗り味だったのがこれでも昔よりは「乗用車」らしくなっていたとか。

20年ぶりのFMCではそういったトラッキンかつ今となってはジムニーらしさ(でも過日にリバイバルされたランクル70辺りなんかも設計年次は10年以上違うのに似たような乗り味なので、昔のクロカンらしさを残したと言えばいいか)の部分をどこまで近代化するのか、或いは引き継ぐのかっていう部分にちょっと注目していたりして。

これがモノコックとは言わないけどビルトインフレームにラックアンドピニオンステア、前輪だけでも独立懸架とかになったりしたら、このハマー+LJ10+ラングラー辺りを混ぜたようなデザインとは相反する軟弱さ、とか言われそう。

ただ9割が舗装路の上で生活するごく一般の人間が操る車としては、現行型の4輪リジットサスであることに起因するギャップでの横っ飛びとかはかなり怖いので、その辺りの「近代化(という名の乗用化)」の落とし所を是非見つけて欲しいところ。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

タイプIIリミテッドAV スーパーセレクション ホワイトバージョン
Posted: 2017年8月24日 00:09 中古車

FY31_010.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5872327356/index.html?TRCD=200002

車体番号:FPAY31-128581
モデル記号:FGY31WAT/FD
製造年月:90年9月
グレード:セドリックシーマ タイプIIリミテッドAV スーパーセレクション・ホワイトバージョン
カラー:CG6(グレイッシュブロンズ)
装備:-

・・・全文書き出すとなんて長いグレード名なんだ。

まあいくつか付いていないオプションこそありますが(大都市部以外では実用性皆無だった自動車電話は仕方ないとして、デジパネは。サンルーフは確か当時マルチ選ぶと排他条件に当てはまったはずなので、この車には付けられない)、でもスーパーセレクションの白革で程度良好っていう意味では、とても興味深い個体であります。

ついでに値段も。

確かにすごい車だけど、この車だけ相場を大幅に飛び出ている、その価値を是非見てみたいもので。

一時期と比べれば31シーマも状態良好の車は100万とか付ける車は珍しくなくなりましたけど、300万っすからねえ。

色はCG6のグレイッシュブロンズ。

シーマへの組み合わせとしては確かに結構珍しい部類に入りますが、当時のシーマはボディカラーが豊富だったことと世相的に結構様々な色にシェアが分かれていたので、どの色が飛び出してきてもおかしくない車であります。

少なくともQ45のトワイライトブラウンとかよりはずっと多いと思うよ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

足元を見る
Posted: 2017年8月21日 21:08 自動車コラム

確かに「足元を見る」という慣用句の語源は履物の具合を見て顔色を変える人間から転じたものだそうじゃが、しかして車のタイヤを見て中の人の懐具合を鑑みよというのは普通の人にはなかなか難しいんじゃないかと思うんじゃが。

せいぜい、普通の人が知ってるタイヤメーカーのブランドって「ブリジストン」「ヨコハマ」「ミシュラン」くらいだと思うんじゃよ。

それもどう見分けるのかってところで。

そもそも、一般の方々っていうのは自分らみたいに銘柄を指名して買うなんてことはまずせず、「今のと同じタイヤ」だとか「今のよりはどうこう」みたいな抽象的な具合でものを選ぶもので、中には普通に「トレッドパターンがかっこいいから」なんて理由で買う人も普通に居る。

そこに「軽だけどレグノを履いているからお金持ち」なんて言ったところで、「ふーん」としか思われないと思うんじゃな。

如何にこのタイヤはブランド物だって力説しても、その良さを相手にどうやって伝えるのか、伝えられるのか。

それができなければ高級車に激安タイヤを履いている人間を責めることはできまい。

***
それに例えばオートバックスブランドで売られているマックスラン、あれ作ってるのはファルケン(国産メーカー)じゃぞ?
ヤフオクとかで売ってる闇のチャイニーズブランドよりは余程上等なものだと思うんじゃが。

そもそも近年のドレスアップシーンの話を聞いていると、韓国系(ハンコック・クムホ)や台湾系(ナンカン・フェデラル)辺りなんかは最早一級ブランド扱いで、かつてこれらのメーカーが占めていた「激安」ポジションに謎の中国やインドネシアなんかのメーカーが来ているって具合で、そういうのが20インチで1本3000円とか笑える値段を付けていたりする。

特に韓国系なんかは純正採用も広がってきているし、このあたりで草生やすのはむしろ情弱の部類じゃろうなぁ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

マツダはHCCIの夢を見るか? #2
Posted: 2017年8月15日 23:43 自動車コラム

HCCIエンジンは内燃機関の未来を切り拓くか。

まあそんな高尚なことは言うつもりはないけれども、さてマツダがこれでハイブリッド等に単身対抗できる術になるのかどうか。

個人的には、結構茨の道じゃと思うのじゃよ。

以前から言っているように、SKYACTIV・鼓動デザイン以降のマツダは「スバル化」しているので、そういう意味では基本的に勝ったの負けたのはあまり気にしない方向には流れている。

しかしながら、勝負を度外視しても商売は度外視できないわけで、最低限商売を安定して続けていける程度にHCCIが屋台骨になってくれるかというと、やっぱりEVやハイブリッドよりは圧倒的に不利と見る。

これはもう最近破れかぶれ気味に将来的に内燃機関の禁止を打ち出した欧州発の激震とかいう前に、「うるさい」から厳しいと思うのじゃ。

結局のところ、SKYACTIVの最初期、デミオで初めてこの手のエンジンを積んだ時、ハイブリッドを使わず当時のカタログ値30kmは話題にはなったけれども、最終的には失速していっている。

これはワシが思うに、当時のデミオが思ったよりも良い車じゃなかったとかそういう問題以前に、ハイブリッドやEV車というのはそもそもの騒音源であるエンジンを止めたりそもそも無かったりして無音で走行できる。

つまり静かな車にどこまでも憧れる人々(特に日本人)にとって見ればこの上ない魅力として映るはずで、(燃費の)性能が同じなら静かなハイブリッドの方に流れる、それが端的に現れたものと考える。

静けさというのは本来それを得るにはかなりの手間が居るわけで、それそのものがプレミアムなのである。

でなければニッポンでのハイブリッドの増殖ぶりとかに説明がつかない点があるのではないだろうか。

そういう意味ではそもそも「うるさい」イメージの強いディーゼルは勿論、何処まで行っても「騒音を撒き散らす」HCCIをメインに据えて商売をするというのは、大変厳しい選択と見る。

ま、マツダも最終的にはEV化が究極って見てるみたいだけどNE!

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

マツダはHCCIの夢を見るか?
Posted: 2017年8月 9日 00:00 自動車

http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201708/170808a.html

いよいよHCCIを実用化するのだな!

2018年度内(2019年中)というのは・・・確か元々この頃を目安にって言ってた気がするので、そんなもんか。
むしろ他のメーカーが望んでも届いていないものにほぼ目標通りに出せる事自体、奇跡みたいなものかもしれない。

しかしながら、「SKYACTIV-X」と名付けられたHCCIエンジン、流石にHCCIを成立させる条件が厳しすぎて実用化の目処が立っていなかっただけに、全域HCCIで運転するのではなく、やはりというか普通にプラグ点火による運転もミックスして稼働することになる。
(SPCCI・火花点火制御圧縮着火って、昔のCVCCやディーゼルみたいに予燃焼も取り入れるの?)

勿論、これがHCCIエンジン市販化に向けての第一歩だと言えば当然なのかもしれないが、同時になんとなくかつてのGDI臭も感じるのだな。

結局のところ、HCCIっていうのは今のところ実験室レベルでしか動かせない・・・というか、基本的に負荷などの条件が安定した状態でないとなかなか成立しないわけで、ほぼHCCIのみで稼働が成立するようなブレークスルー技術とかも同時に発表しているならばともかく、少なくともそういうものも無い状態でここで発表してしまったのだから今からの2年間にHCCIの根本的な部分が大きく進化する可能性は低い。

となると、結局実際市中を走らせてみると大半の領域でプラグ点火してました、勿論実用性能はカタログの謳い文句程良くない、なんていうのが普通に起こりそうで。

かつてのGDI・・・つまりリーン直噴も、最大1:40と言われた空燃比が実際に使われていたのは極めて限られた領域のみで、実際はストイキ付近で動いていることが多かったからこそ期待を裏切ったり、或いはピーキーな希薄燃焼を実現させるための設計がアダになったりしたわけで、さて「SKYACTIV-X」はその轍を踏まずに行けるかな?と。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ポルトローナ
Posted: 2017年8月 6日 21:35 中古車

U00021535208_11_001.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5913483952/index.html?TRCD=300001

車体番号:JGBY32-001512
モデル記号:BPFBRGAY32EDAABCA-
製造年月:94年8月
グレード:タイプX
カラー:DJ2(ダークグリーン)/P(タン)
装備:マッドガード、DSP、助手席パワーコンフォートシート+グリーンガラス+ポルトローナフラウ内装、鍛造ホイール

Jフェリーのフルオプションって意外と細かい装備までライン装着扱いになってモデル記号が変わるのでなかなか「これ!」という条件は挙げづらいのだけれども、少なくともリヤスポイラー辺りは付いてなくても良いと思うw

さてこの個体。

そもそもフラウレザー仕様ってこれ単体の値段が60万円もしていたせいか、他にオプションを付けている場合がかなり少なくて、場合によっては3リッターで助手席エアバッグを外してでもみたいな涙ぐましい個体が居たりするわけですが、V8でDSPや鍛造ホイールも付いているという、コミで言えば600万は当時払ったんじゃないかと思われる仕様。
(そもそもV8タイプXはオプションも何も付けなくても480万だ)

まあ「フル」かと言われればサンルーフやオートリフレックスミラー他のオプションは無いし多少カスタマイズされてるのは残念ですけど、こういうJフェリー自体珍しいので。。。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking