Driver's High


Home > Archives > 自動車コラム Archive

新型リーフが発表されました。
Posted: 2017年9月 6日 11:15 自動車コラム

概ね、

・基本的な行動可能範囲が原チャリレベルでユーザーから総スカンくらった
・C~Dセグメントのハッチバックなんて元々中古が安い
・ニッサンの微妙な立ち位置の車なので(ry

という、中古相場が爆下げする要素が揃っているからじゃw

勿論最初期型は公称航続距離200kmが大嘘レベルの電力消費量のヤバさ(EVに最適化されていなかったのか補機類や装備類がすごかったらしい)とかも指摘されていたところだけど。

それでも最近まであまり話題にならなかったのがEV補助金の縛り6年間があったせいで、本当にリーフの現実が嫌な人は補助金を返納してでも(或いは補助金など受けなかったのか)即刻売り払っていたっぽいけれども、大多数は当時受けた莫大な補助金の返納と保有期間満了までのコストを天秤にかけて「塩漬け」という方向に流れていたようなので、最初期型の保有義務期間の切れる昨年辺りから、こういうタマの市場放出が大量に始まったというところである。

尚この人はジムニーとも比べちゃっているけれども、こういう車とそもそも普通の車を比べてはいけない。

ジムニーは知っての通り実用車・趣味車として全年式を通して中古需要が旺盛なことと、海外輸出でも需要があるので個体の取り合いになりやすく、相場が高値安定しているのだ。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

足元を見る
Posted: 2017年8月21日 21:08 自動車コラム

確かに「足元を見る」という慣用句の語源は履物の具合を見て顔色を変える人間から転じたものだそうじゃが、しかして車のタイヤを見て中の人の懐具合を鑑みよというのは普通の人にはなかなか難しいんじゃないかと思うんじゃが。

せいぜい、普通の人が知ってるタイヤメーカーのブランドって「ブリジストン」「ヨコハマ」「ミシュラン」くらいだと思うんじゃよ。

それもどう見分けるのかってところで。

そもそも、一般の方々っていうのは自分らみたいに銘柄を指名して買うなんてことはまずせず、「今のと同じタイヤ」だとか「今のよりはどうこう」みたいな抽象的な具合でものを選ぶもので、中には普通に「トレッドパターンがかっこいいから」なんて理由で買う人も普通に居る。

そこに「軽だけどレグノを履いているからお金持ち」なんて言ったところで、「ふーん」としか思われないと思うんじゃな。

如何にこのタイヤはブランド物だって力説しても、その良さを相手にどうやって伝えるのか、伝えられるのか。

それができなければ高級車に激安タイヤを履いている人間を責めることはできまい。

***
それに例えばオートバックスブランドで売られているマックスラン、あれ作ってるのはファルケン(国産メーカー)じゃぞ?
ヤフオクとかで売ってる闇のチャイニーズブランドよりは余程上等なものだと思うんじゃが。

そもそも近年のドレスアップシーンの話を聞いていると、韓国系(ハンコック・クムホ)や台湾系(ナンカン・フェデラル)辺りなんかは最早一級ブランド扱いで、かつてこれらのメーカーが占めていた「激安」ポジションに謎の中国やインドネシアなんかのメーカーが来ているって具合で、そういうのが20インチで1本3000円とか笑える値段を付けていたりする。

特に韓国系なんかは純正採用も広がってきているし、このあたりで草生やすのはむしろ情弱の部類じゃろうなぁ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

マツダはHCCIの夢を見るか? #2
Posted: 2017年8月15日 23:43 自動車コラム

HCCIエンジンは内燃機関の未来を切り拓くか。

まあそんな高尚なことは言うつもりはないけれども、さてマツダがこれでハイブリッド等に単身対抗できる術になるのかどうか。

個人的には、結構茨の道じゃと思うのじゃよ。

以前から言っているように、SKYACTIV・鼓動デザイン以降のマツダは「スバル化」しているので、そういう意味では基本的に勝ったの負けたのはあまり気にしない方向には流れている。

しかしながら、勝負を度外視しても商売は度外視できないわけで、最低限商売を安定して続けていける程度にHCCIが屋台骨になってくれるかというと、やっぱりEVやハイブリッドよりは圧倒的に不利と見る。

これはもう最近破れかぶれ気味に将来的に内燃機関の禁止を打ち出した欧州発の激震とかいう前に、「うるさい」から厳しいと思うのじゃ。

結局のところ、SKYACTIVの最初期、デミオで初めてこの手のエンジンを積んだ時、ハイブリッドを使わず当時のカタログ値30kmは話題にはなったけれども、最終的には失速していっている。

これはワシが思うに、当時のデミオが思ったよりも良い車じゃなかったとかそういう問題以前に、ハイブリッドやEV車というのはそもそもの騒音源であるエンジンを止めたりそもそも無かったりして無音で走行できる。

つまり静かな車にどこまでも憧れる人々(特に日本人)にとって見ればこの上ない魅力として映るはずで、(燃費の)性能が同じなら静かなハイブリッドの方に流れる、それが端的に現れたものと考える。

静けさというのは本来それを得るにはかなりの手間が居るわけで、それそのものがプレミアムなのである。

でなければニッポンでのハイブリッドの増殖ぶりとかに説明がつかない点があるのではないだろうか。

そういう意味ではそもそも「うるさい」イメージの強いディーゼルは勿論、何処まで行っても「騒音を撒き散らす」HCCIをメインに据えて商売をするというのは、大変厳しい選択と見る。

ま、マツダも最終的にはEV化が究極って見てるみたいだけどNE!

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

車はセダン。
Posted: 2017年7月27日 21:42 自動車コラム

恐らくですけれども、あと20年間くらいは5年に一度のサイクルくらいでこういうムーブメントがやってくると思いますなあ。

ただ、そのムーブメントもそれを新たに迎える度にその波は小さくなっていくと思いますが。

5年くらい前にもカムリとかアコードとかアテンザとかクラウンが話題性あるモデルチェンジをして、実際カムリ辺りは劇的に復活したのでなかなか話題になったのですが、1年くらいで収束しましたしね。
それよりも前になると2000年前後にもそういう主役から外れつつあったセダンの一大ムーブメントがありました。

というのもこれも「MT車需要」と同じで、「車はセダン」っていう人がマスとして生き残り続ける限りは自動車メーカーも見捨てることができないわけで、もしかしたらメインターゲット以外も振り向いてくれるかもしれないという期待コミで色々メーカーもやってくるのでこのような色めき立つ瞬間が定期的にやってくるわけですが、それが続くのも恐らくは今の50代くらいの人間が人生からリタイアするくらいまでと考えられるわけです。

それよりも時代が下ると最低でも幼少の頃はともかく免許取得の頃にはRVブームを迎えていてセダンにこだわらない世代になると思われるので、この世代以下がマスの中心になる頃には、いよいよセダンも基幹の部分からフェードアウトしていくことになるんじゃないかと。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

コミ250で買えない車
Posted: 2017年7月27日 20:10 自動車コラム

Cセグメント、昔だったら「D」って言ってたような車格でCなわけですから、全体的に見ておっきくなりましたよね。

Bセグメントになるとまだ辛うじて日本的な見かたで言えば「5ナンバー枠を超えることは罷りならん」というのが残ってるわけですが。

しかしながら、そういう車格の方は置いといて今度のシビック、そもそも事実上のモノグレードというのは如何なものかと?

価格が発表されてセダンで260万、ハッチで280万。
最上級グレードの値段かと思ったらこれだけなんですってね。

Cセグメントの車はなんだかんだでデブになったと言われても、プレミアム化が著しいと言われても、アクセラとかでもコミで250万出してお釣りが来るグレードがあるのが普通なわけで、カローラに至っては200でもお釣りが来たりするわけです。

そういう意味で誰にでも買えて誰にでも似合って、冠婚葬祭どこにでも乗っていけるような車っていう意味でCセグの車って何気に重要なポジションに居るんですよ。

その中でハイブリッドもディーゼルもEVも無いのに最低でも300出してくださいっていうシビックが果たしてどの程度売れるのか、非常に楽しみであります。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

初代を超える衝撃とは?
Posted: 2017年7月 6日 02:08 自動車コラム

http://blogos.com/article/232751/

これってすごく難しい課題だと思うんですよ。

現行型のLSに初めて乗った時に思ったんですけど、結局初代LS(セルシオ)っていうのは確かに恐らくは「世界で一番静かな車」と言われたくらいの静粛性とスムーズネスで衝撃を与えたわけで、そういう車の末裔ってことで期待してたんですけど(当時セルシオは一度も乗ったことがなかったし)、正直普通の車だったと。

それ以外にも色々言いたいことはありましたけれども、あれだったら(GZG50)センチュリーの方がよほどすげえ車だなと。

しかしながら、「セルシオが静かな車である」っていうのはその車を構成する要素のひとつに過ぎないわけで、実際のところっていうのは愚直なまでに高級車の理想像を追求したところにあると思うんですよね。

それが初代LSを今までにない車に見せ、比較的階級意識の薄い日米では純粋に上質な車として評価されたから売れた。

でもヨーロッパでは高級車っていうのは当然上流階級の乗り物であるから、性能とかそういうもの以上に格式がものを言う。

だからレクサスはすごい「性能」の車だ、とは認知されても、仮に同じ「性能」のレクサスとベンツ(或いは任意の高級ブランド車)を並べられたら、アッチではほぼ十中八九ベンツを取るみたいな。

となると、レクサスはブランド立ち上げの頃は勿論、今からでも恐らく高級ブランドとして真に認められるのにもあと20~30年は掛かる。

そして20~30年後・・・つまりレクサス立ち上げから50年ほど経てば、流石に高級ブランドとしても認知されるでしょうけれども、それでも序列から言えばイギリス・イタリア系を始めとする古参高級ブランドは勿論の事、ベンツ・BMW辺りよりも格下か良くてイコール程度っていうのはたぶん変わらんと思うんです。

結局、次のLSっていうのはその辺りから逃避があると思うんですね。

最早静かでスムーズで人間に傅くようなだけの高級車っていうのは、周囲のレベルが上がりすぎちゃったからそれだけでは見向きもされない。
しかしLS「程度」の車格では無限にコストを投入することもできない。

ならばどうするか。

これはポルシェがパナメーラを出した時に正統派の高級セダンに行かずにクーペとのクロスオーバーっぽい車に仕立てたのと同じで、ニッチを攻めたわけです。

ポルシェは高級スポーツカーとしてはド定番でも、高級セダンとしてはまるで実績がありませんけれども、カイエン発売以降のポルシェは主にそういう階級意識の薄いパワーエリート層に人気が高いですし、「本業」はスポーツカーを売る会社ですから、戦略としては実はリスクが意外と低いんですよね。

しかし、レクサスがこういう基幹モデルでニッチを取るっていうのは、劇薬を放り込むようなものであります。

そういう意味では次期LSが「初代以来の衝撃を」っていうのはすごく難しいと思うんですよ。

少なくとも、現状でも「LSが変な車になっちゃった!」っていう方向の衝撃は与えられると思うんですけど(笑)、そもそも将来の自動運転車に繋がるハイテクだとかは最終的にはこういう車が持ち合わせる嗜好性の部分を事実上殺しますし、最終的にはライバルもそれに追いついてきますから、レクサス=日本=ハイテクって方向で「らしさ」を表現するのって、実は結構危ない橋なんですね。

そういう意味では最早LSは定番商品と割り切って、もう一段上のカテゴリーにレクサスなりの流儀で殴り込むのが最善だと思うのですね。

ジャガーやベンツの次はロールスロイスやマイバッハという風に。

恐らくそういう車を出した場合、欧州では最初は眉をひそめられるでしょうけれども、それ以外では大絶賛されると思いますし、将来的には欧州でのステップアップの橋頭堡を築くことにも繋がると思うんですよね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

売れること・売れないこと
Posted: 2017年6月18日 13:33 自動車コラム

確かに「車好きの心情」というのは大体そういうもんなのだが、しかしマイチェンで大掛かりなフェイスリフトが入る車っていうのは大体「メーカーが予想していたよりも売れなかった」車なのよな。

基本的には自動車とて商売であり、売れなくても構わないから当初のコンセプト・フィロソフィを貫徹できるほど商売を度外視した車なんて早々に作れないわけで、少しでもリターンは増やさねばならぬ。

故に「市場の要望」という形で婉曲的にそれを表現するわけじゃが、逆を言えばヒットした車ほど、或いは数自体は少なくても販売実績にメーカーが満足しているほど、「売れているものを変えることの方がリスク」とばかりに、そういう「整形」の度合いは大人しくなっていく。

まああんまりにも売れなさ過ぎるor最初からやる気が無い車だと不人気でも全く手を入れてもらえないことも多々ありますが。

最近では同じ年に発売して兄弟車みたいな似通ったコンセプトで作られてて同時にマイチェンしたのに、改良の方向性がかなり違った先代CX-5と現行アテンザなんかその対比がハッキリ表れてて面白かったなぁ。

結局、そういうのは売れなかった車がほっといていきなり売れだす可能性なんてほぼゼロだし、中身が大切だからと言っても中身だけ弄っても弱いから、どうしてもデザインのインパクトで勝負するほうがやりやすいからだ。

逆を言えば、中身をほぼ変えなくてもデザインを弄った途端売れだす車っていうのは結構あって、そういう意味でやっぱり車も商品である以上はツカミの部分で最も大きなウェイトを占める見た目(或いは想定している客層が何を考えているかを推し量る)っていうのは大切なんですよね。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

MT
Posted: 2017年5月20日 17:28 自動車コラム

https://twitter.com/yuya92crz/status/865180581033721856

この記事ワシも読んだけど、自分としてはいつもありがちなそっ閉じ案件。

だいたいこういうMTage記事は「MTの方が優れている」という願望の方が強く入ってしまっているので、客観性に欠ける。

MT車の事故率が低い理由があるとすれば、それは今となってはMTを敢えて選ぶ人間なんて相対的にスキルの高い人間の集団になるんだから、必然的に自責的な部分での率が下がっていると見るのが妥当と思われ、「AT特有の危険な挙動」が起きないから安全なのではないと自分は考える。

そもそも、MTだって運転操作を間違えれば危険なのはATと同じで、例えば「MTは安全」の根拠に挙げがちなクラッチ操作のミス=エンストだけではないということを皆さん忘れてるんですよね。

話題のMT車が出たりするとディーラーの軒先なんかでよく見かける光景ですが、MTに乗り慣れない人はエンストを恐れて過度に吹かして発進する人が居る。

この時たまたま高回転になった時にクラッチ操作を「ミスって」しまったらどうなりますか?

AT同様急発進しますよ。

こういう部分一つ取ってもそういうことなのです。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

とても面白い意見だと思うのだけれども
Posted: 2017年4月27日 19:01 自動車コラム

https://twitter.com/mryshohgk/status/857507170992005120

では、君は日常生活で仮面を被って偽名で生きているのか。

つまり、SNS上で車とそのナンバーを晒すっていうのはそういうことだと思うよ。

この質問の答えとしては「法律でそう定められている」としか答えようがないが、個々人間の話となると話は別だ。

車種という「顔写真」と、ナンバーという「本名」。

街の中の任意の一台のナンバープレートだけならば、それは確かに数多の車の中からその車であるという証拠にしかならないけれども、しかしSNS上でそういう画像を収集すれば個人を特定するのってすごく簡単なんだよね。

勿論、個性的な装いの車をお持ちの方はナンバー晒さなくても実質的に行動はバレバレというのはよくあるが、それでもナンバーが無ければ「もしかしたら全く同じ弄り方をした車を別人が乗ってる」可能性を捨てることもできなくなる。

けれども、ナンバーがあるといくら仕様変更をしようが、なんならフルノーマルのフィットとかプリウスでも、誰が何処に居るかっていうのが分かるわけだ。

何もSNSに限らずとも、Nシステムがそこかしこにあるのは、結局万が一の際にそうやって特定の個体の移動経路を収集した情報の中からリンクさせて推理するのに使うわけであるし。

ああそうそう、自分は清廉潔白であると思っていても、そうは思わない人とかそもそもわけの分からない人は必ず居るんだよね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

さていつまで生き残れるのか
Posted: 2017年4月19日 16:12 自動車コラム

納車はなんと3~6ヵ月待ち? 伝説の名車「スバル アルシオーネSVX」専門店を訪ねる!
https://carview.yahoo.co.jp/article/column/20170419-00062134-carsensor/

こういう希少な絶版旧車の専門店っていうのはたまに出てくる。

有名所ではR31スカイラインのR31ハウス、レパード系のカーショップフレンド。
この辺りはある意味「老舗」だが、数年前にヤフオクでディアマンテを大量に捌いていた千葉の業者や、岐阜辺りだったかのレパードJフェリー専門店は案の定1年くらいでどっか行ってしまった。
この店も少し前にアルシオーネばかり扱ってる店があるなぁとぼんやりと認識したことはある。

こういう専門店の特色としては、一般的には単なる不人気車だが、一部では熱量の大きな車種を扱うという点に特色がある。

だからこそ専門店を名乗ってマニアを惹き付けるのだが、Jフェリー専門店を見ても分かる通り、実際には単なる小銭稼ぎで終わるようなパターンも珍しくないので、31ハウスやフレンドのようにそれなりに商売のサイクルが確立されるパターンは正直かなり少ないと見ていい。

結局のところ、この辺りがあまり長続きしない理由としてはそもそもの球数の絶対的な不足&生産終了車を対象にしているので当然数が増えることも無いという根本的な部分に加えて、必要なメンテナンスに係るコスト・リソースの増大、そして何よりもこの辺りの専門店が扱う車は腐っても元は普通の車であることがほとんどなので、こういう店を経由したところで使い潰されてしまって再度中古車として戻ってくるパターンが少ないというのもあろうな。

ロールスロイスのシーザートレーディングなんかだと、そもそも車が頑丈かつ資産価値も比較的あるから絶版車でも減りにくいという点はあっても、何よりも様々な理由から中古であっても使い潰されにくいという、ああいう高級外車特有のポイントも商売には大きくプラスになっていると思うけど、この手の車にはそれが無いからね。

だから、スカイラインを相手にしている31ハウスなんかは大元の数の多さや比較的良好な部品供給のお陰で何とか生き残って行けても、アルシオーネなんてJフェリーばりに忘れ去られた車かつ生産数も少数なのだから、さてどこまで生き残っていけますやら。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking