Driver's High


Home > 自動車 > マツダ2

マツダ2
Posted: 2020年11月27日 21:35 自動車

ノートのことで各所を調べ回ってて気づいたのだが、何気にマツダ2のディーゼル・MT車にかなり大掛かりな改良が入っている。

とは言ってもエンジン回りやトランスミッション自体は従来と同等ではあるが、軽量化のための専用35リッタータンクが廃止となり、ファイナルギアも3.850から4.105へ1割程度ローギアード化が為されている。

おそらくは先日のマイナーチェンジで型式が変わり、WLTCモードでの燃費を記載することになった影響で、従来のような燃費競争でのインパクトのある数字が記載不可能になった影響があると思われる。

要するに玄人向けの車だったのが、実用方向へ舵を切ったのだ。

車重も従来より30kgほど増えているようなので、中身的には各所に専用の軽量化が施されていた従来と比べると、そういった「特別装備」が一切合切廃止になって、他グレードと基本骨格が共通化されたということだろう。

共通化と言われるとコストダウンでもあるのだが、まあ従来の仕様、「特別な車」ではあるが、分かって乗る分には面白いんだけど、その走りとかも含めてとてもじゃないけど素人向けではなかったので、そういう意味では誰も損しない改良になっているかもしれない。

その割にはこのことに触れた記事が見受けられないということは、なんだかんだ言って皆さんMTのことなんて注目していないか、或いはこの1.5DのMTへの落胆が大きすぎて皆さん総スカンしてるのか。

DJデミオが出た時の、ジャーナリストの皆様がディーゼルMTに乗った時の、揃いも揃って微妙な表情して持って回ったような言い回しをしてたのは大変面白かったです。

面と向かってダメとは言いづらいとはいえw

***
WLTCモードになったことで、高速モードが最も燃費がいいという、ハイブリッド車には見られない特徴が確かになったわけなので、ある意味ハイブリッドとの棲み分けも(見る人が見れば)わかりやすくなったのだが、そもそも絶対値では高速モードでも最も高速モードが苦手であろうノートにも数字で負けてしまっているのは悲しいところか。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking