Driver's High


Home > 自動車コラム > ハイラックス

ハイラックス
Posted: 2020年8月17日 14:40 自動車コラム

ハイラックスサーフが生き残っていた! トヨタ北米専売SUV「4ランナー」日本発売熱望!
https://bestcarweb.jp/news/entame/183719

ちなみにハイラックスという動物も居るが、こっちは造語なので全く関係がない。

■車好き的視点
そもそも、最近フェイスリフトを受けたみたいだけれども、大元は11年間モデルチェンジさせて貰えてないみたいだし、海外でもこのままフェードアウトでは?

この11年という時間が奇しくも新興国向けにプラットフォームを一新し、大型化した現在の「ハイラックス(ピックアップ)」と比較すると、10年以上変わっていない分良くも悪くも「日本向け」なサイズ感になったことも事実なのだが、今のトヨタは系列統合のために兄弟車種や車格の被る車種の整理に熱心だから、それ故に車格が接近しているRAV4・プラドと食い合う可能性の高い4ランナーなんて売る余地が無い。

昔みたいにRAV4がC-HRポジだったらまだ可能性はあったが、C-HRが昔のRAV4の車格を埋め、RAV4がハイラックスサーフの車格を埋めている現在、ハイラックスが復活する余地がない。

或いは、本気で「ハイラックス」を売るならRAV4に「ハイラックス」って付けるくらい、トヨタは平気でやると思うので、それをやらなかった時点でむーりぃ・・・。

■一般的視点
これ女の子にウケるの?

そもそも、昔のハイラックスが若えのに人気だった理由はRVブームに加えて、よくも悪くもジープの流れを汲んで鈍重なイメージも強かったパジェロに対して、安くカジュアルでスタイリッシュっていうのが大きかったわけで、言ってみればこれに乗ってりゃ女の子は寄ってくるし一緒に楽しいこともできたっていうのが大きかった。

今も基本的には4ランナーはそういうポジションの車だけれども、全体的に仕立て方が古い。
要するにクロスオーバーモデルが流行る前の考え方をしてるので、流行りからは全く外れている。

つまり今も昔も一般に売れる車は女受けがいい車であって、古臭くビンボ臭くて、しかもオタクチックな車なんて今どき売れない。

「4ランナー」って名前は勿論、「ハイラックス」って名前すら今の人にどれだけ響くかもわかんないし・・・。

■結局のところ・・・
それでもアメリカで売ってる理由はまだこういうのがまとまった台数が売れる目処があるからで、今の日本市場じゃさすがに受け入れる余地が・・・。

バブルやRVブームの時期とまではいかなくても、15年くらい前までのサーフはもちろん、RAV4・ヴァンガード・ハリアー・プラド辺りが並立していた時代ならまだしも・・・。

まあベストカーなんだから、こんな後ろ向きな記事よりも夢のある記事が欲しいですね。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking