Driver's High


Home > 自動車 > 温故知新

温故知新
Posted: 2020年5月12日 21:06 自動車

active_LSD.jpg

VWゴルフGTI TCR 最新のLSDの効果をテスト! ハイパワーFFスポーツで効果絶大。標準仕様GTIを比較してみる
https://motor-fan.jp/article/10014673?page=2

_人人人人人人人人_
> アクティブLSD <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

最新どころか25年前にはすでに実用化されてる技術じゃが・・・・。

ちなみに作ったのはいつもの如くニッサンじゃ。

採用車種はECR33・BCNR33・BNR34。

でもあんまり評判良くなかったよね。

なお現行型のR35では非採用。
R32以来の普通の機械式が載っている。

何と言うか、この辺りの装備はスタビリティコントロールが出てくる前夜の、電子制御技術が発展して色々車にやらせるようになった中で出てきた車体制御技術の一端だと思うが、かつてはLSDが担っていた役割をスタビリティコントロールが担うようになったから、短期間で廃れた感もある。

或いは、積極的な運動性能の向上策としてのデバイスとしても、あくまでこういうのはLSDであるので、その直後に登場してきた三菱のAYCやホンダのATTSのようなトルクベクタリングシステムに役割を取られたようにも思う。

そもそもニッサンがアクティブLSD開発に走ったのも、R32では機械式を載せていたものの、走行性を優先すると機械式特有の挙動などで「商品」にならず、かといって実際に売り出された仕様のようなスムーズさ優先では走行性が削がれて批判の対象となったことの打開策のようだけれども、R35では一転非採用になったのは、シャーシ側の性能向上が一番大きいとされているね。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking