Driver's High


Home > 自動車コラム > ディスプレイオーディオ

ディスプレイオーディオ
Posted: 2020年4月11日 09:09 自動車コラム

DA.jpg

トヨタ「スマホ連携ナビ」拡大展開が招いた不評
https://toyokeizai.net/articles/-/343082

特にイノベーター理論でいうところの典型的なラガード層である法人や高齢者層から文句が出てくることなんて、トヨタが予想してないはずも無いと思うが・・・。

しかしながら、こういう「転換」となると、直近ではマツダがマツダコネクトの展開戦略がこれとよく似ているが、マツダくらい強引にやらないと「転換」なんてできないと思ったり、たり。

堅実にいくならそれこそアルファードのマイチェンからでも良かったと思うし、市場の反応を見たい時はトヨタは大概テストベッドのモデルや既存の車種でも反発の少なそうな車種からまず投入するけれども、今回は敢えて劇薬投げ込んだような感じだけど。

ただ、なんだかんだでマツダコネクトはほぼすべての車種に搭載が完了するくらい展開が上手くいってるのは、これはマツダのやり方が上手かったんじゃなくて、トヨタほどはユーザーの属性に多様性がなく、しかもメーカー自体のブランディング戦略の大転換を図っていたからこそできたことだよね。

それに、マツダにしても初期の頃にはマツコネの出来の面も含めて、相当の批判・反発もあったわけで、現在それが収まっているように見えるのは、どちらかというともうメーカーに従順・盲目的なユーザーしか残っていないと考えるべきかも。

そういう意味では、初期は敢えてこういう尖った選択肢で煽って注目集めて、途中から「ユーザーの声を鑑みて」オーディオレス仕様を用意するとか、ある意味既定の路線のような気もする。

トヨタはなんだかんだ言って狡猾ですし。

***
でもまあ、東洋経済は必要以上に誇張して実態を語ることは多いにせよ、一番の問題はそういう超保守層のユーザーが想像以上に革新を拒絶するという、根本的な部分である。

カローラというか、自動車の購買層自体がかなり高齢者層に偏っている以上、そういった超保守層の声が実態以上に大きく響くとはいえね。

少なくとも言っても聞かない・覚えないがこの辺りのユーザーのデフォなので、「スマホを車につなぐだけ」という手間すら無限にハードルが高かったりとか。とか。
(でもCarPlayとかを使いたかったら3万円追加でお支払いくださいなトヨタもややセコい)

記事の中でも「若年層には受け入れられている」とさらりと触れられてるけれども、結局こういうのに馴染む気がない人がひたすら大声で騒ぎ立てているような状態。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking