Driver's High


Home > 自動車コラム > 車好きの盲点

車好きの盲点
Posted: 2020年3月 4日 21:00 自動車コラム

【EVやハイブリッドは本当にエコなのか?】トータルコストで見るとガソリン車がNO.1な訳
https://bestcarweb.jp/news/entame/131574

車好きたちは必死にEVやハイブリッドは「損か得か」という点のみを突いて電動化sageを目論んでいますが、実際のところ一般の消費者って経済的な損得の部分はすでに大きくは重視していないと思うのですよね。
或いは、車好き以上に冷徹にその部分は見切って車選びをしている。

結局のところ、電動化に対しては車好きは必死に数字を用いて「こんなにダメなんだ」と説いて回りますが、一方で自分たちが「自動車の魅力」として感情的に情緒的に説いている「感性」の部分を全く無視しているわけです。

それは即ち、EVやハイブリッドの魅力というのは一般消費者から見れば「先進的」で「静か」で「スムーズに走る」といった、高級車でしか得られなかった部分に「プレミアム」を見出している。

或いは、ハイブリッドの黎明期ならばハリウッドのセレブたちがハイブリッド機構以外は何の変哲もない日本の大衆車だったプリウスを最大級のドヤ顔で乗り回していたように、「世界最高・最新鋭のエコロジーカー」という部分に200万円が2000万円にも匹敵するくらいの圧倒的なプレミアムがあったりもしたわけです。

つまり、如何に初期投資などの面からは一見「損」をするように見えても、実際はそういう「プレミアム」の部分にも金を出していると考えるから皆さん喜んで買っていっているわけで、逆にその辺りの感性を理解できない・しない車好きが間違っているとも言えるわけです。

ついでにハイブリッドってリセールもいいから、トータルで見れば損しないですしね。
乗り潰す人は乗り潰す人で、やっぱりリターンを得られますし。

実際、ハイブリッドは従来の自動車に近い仕組みで走るパラレルハイブリッド色が強いタイプなんかはいくら燃費が良くても成功例が少なく、逆によりEVに近いニッサンe-Powerが他のタイプと比べてそれほど燃費にアドバンテージがあるわけでもないのに爆発的なヒットとなったところからも分かるわけで、この辺り「経済性だけ」では実はこういった電動化された車たちが売れているわけではないということが理解できるはずです。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking