Driver's High


Home > 自動車コラム > 燃費競争は終わっていない

燃費競争は終わっていない
Posted: 2020年3月 3日 03:57 自動車コラム

【もはや燃費狂騒(競争)は終わったのか!?】新型フィット&ヤリスが「降りた」理由
https://bestcarweb.jp/news/entame/131344

「たまたま」同時期に登場したヤリスとフィットが静かなだけで、終わってるわけなんてないじゃん。

そもそも、特にヨーロッパ方面で煩い二酸化炭素の総量規制なんかは事実上国から燃費規制が掛かってるのと同義なので、終えられるはずもないんだし。

その上で現況を見ても、ヤリスは「現状で従来以上の性能を確保した」って胸を張ってるから敢えて言ってない感じだし(ハイブリッドはWLTCで36km出るからアクアやプリウスよりもいい)、フィットはフィットでハイブリッドでもWLTC30kmに届かないくらいの惨敗ぶりだから大きくは言い出せないだけ。

少なくとも、フィットは「クラスナンバーワン」って言葉が使えないと宣伝にならないよね。

ついでにヤリスはJC08併記をやめたのに、フィットは新型になってなおJC08も併記してる(で、JC08の数字ならヤリスより見た目は上になる)んだから、影では少しでも騙そうと出し抜こうとしてるのよ。

環境性能という点で見ると、自動車というものはオイルショックやマスキー法の制定などで燃費や清浄性を求められるようになって以降、無尽蔵にガソリンを燃やすような車は基本的に忌避されるようになっていて、常に燃費や環境という言葉がどこかで意識されていると思っていい。

事実上の燃費規制は近年になって始まったものだし、コレ自体はクリアできなくても罰金払えば普通に売れるんだけど、排ガス規制はそれこそ大昔から存在しているんだし、法としての強制力があるのでこれをクリアしないと売り物に出来ないんだし。

日本ではガス代なんて気にしていなかったように思われるバブル期の高級車ですら、カタログには「より一層燃費も良くなりました」みたいな記載は普通にあったくらいなんだから、単に表向き言わなくなっただけで「車は燃費だけじゃないって気づいたんだ!」って無邪気に言えるのは、いいなぁ。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking