Driver's High


Home > 自動車コラム > ATF

ATF
Posted: 2020年1月 3日 18:58 自動車コラム

【くるま問答】「ATFは交換不要」は都市伝説? 5万kmも走れば真っ黒だった
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/a8fd7fe3e08a073c0b6fc3f845f8c973d98e10de/

いや普通に都市伝説じゃないと思いますけれども。

ただATFも油であることには変わりないので、エンジンオイルなどと同じく温度で性質が変わったり劣化するんですよ。
むしろATFが早々に交換が必要なほど劣化を進める要因があるとすれば、熱では?

エンジンオイルなどと同じく、トランスミッションをオーバーヒートさせちゃったら当然ATFも変質して劣化しちゃってるので、無交換とか5万kmとか言わずに即交換が好ましいですし。

それにハイパワー車や大重量車などでトランスミッションに掛かる負荷の大きな車だと、いわゆるトルコンの滑りの領域で大きな発熱があるのですよね。AT。

でもその割りには皆さんエンジンの水温油温までは気になさる方は多いけれども、駆動系のオイルまで気にかける方はそうは居ない。

乗用車では稀ですけれども、SUVやバンのように高負荷連続運転が想定される車にはたまにATF油温警告付いてたりもしますけれども、まあ普通は油温計どころか警告灯すら無いのが普通ですから、見た目全くブラックボックスっていうのも大きいでしょうか。

結局、一時期のニッサンのハイパワー・大重量AT車にトラブルが多かったのはATFの油温管理が脆弱だったのが大きいようですし(一部の車ではリコールになりました)、小型車でもパワーが無くて走らないからってアクセルベタ踏みするような運転頻繁にしてるとかなり過熱するっぽいですし。

MT車でも昔のインプレッサなんかはスポーツ走行でミッションオイルが異常過熱するから壊れるってパターンが実は多かったそうで。

***
だからそれだけATFの(油温)管理に自信がある御人または車なら無交換でも全く問題はないんですよ。

輸入車なんかだとATFの交換を事実上出来ないような構造にしちゃってる車もありますしね。

ただ、明確に交換周期が指定されている車もありますから、それは当然守るべきですし、新しいものは何でも気持ちがいいものなので、鰯の頭も信心からとも言いますし、交換したいなら交換すればいいと思います。

***
そもそもオイルが真っ黒になったから寿命なんて言ってたら、ディーゼル車なんて毎日のようにオイル替えないとダメってことになるぞw

オイルには使用する機器の汚れを回収する役割もあるんですから、同じ環境下で扱うのならば早々に黒くなるオイルの方がむしろ優秀とも言える。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking