Driver's High


Home > 自動車コラム > シーマがこの先生きのこるには

シーマがこの先生きのこるには
Posted: 2019年12月17日 02:15 自動車コラム

【消滅は誤報だった!!】日産最高級車 シーマはもう復活できないのか?
https://bestcarweb.jp/news/entame/113524

誤報だったのはいいですけど、そうなると今度はインフィニティが「プレミアムブランドなのにEセグメントすら無いブランド」ということになるけど、それはいいのか。

FセグメントたるQ45がアメリカでも廃止になって早10年以上、トヨタと張り合えなくなって相当経つが、遂にホンダのツッパリにも遅れを取ることになるとは。

ところで、自分の見解ではシーマの在るべき姿とは「Fセグメントの4ドアクーペとなる」ことだと思いますねえ。

元々そういう車なんだから。

ついでにエンジンもGT-RからVR38DETTのニスモ仕様でもぶんどってきて、スペシャルとかスポーツとは言わず主要なグレードには須らく載っければなお良い。

元々そういう車なんだから。

4ドアクーペなら海外でも売りやすいし、「世界最速の高級車」みたいな箔も付けばカッコよくて速くて豪華なシーマの復活を印象付けるのにもピッタリだと思うよ。

むしろ、記事中で提案されている「法人ユースに配慮する」「正統な高級車感を出す」を前面に押し出すのは大変マズイ。

その役割はプレジデントだ。

というか、現行型が復活するときの理由付けが「法人ユース」だったのですけど。

確かに法人向けっていうには今のはフーガのまんますぎて配慮が無いかもしれないけど、それ以上に結局法人向けって内向きの発想だから、「復活」とかを期待するときにはやっちゃいかん選択なのですよ。

その時点で個人ユーザーは「自分の方に向いてない」と感じてついてこなくなるから。

シーマは本来こういう高級車としては法人色が薄くて、そこに個人ユーザーが食いついたのものヒットの要因なんですよね。

ただ、当時のセドグロを超える高級車であることもあって法人系のユーザーも一緒に食いついてきたこと(そしてそういうユーザーが主にフリートユースでの実用性にケチを付けたこと)が2代目以降が普通の高級車化した要因とも言えるのですけれども。

***
シーマの位置づけを難しくしているのが、そういう本来想定していなかったユーザーからの茶々入れ以前に、出自にセドグロが絡んでいることで、「セドグロ以上」であることも予め配慮されたのか、後席パワーシートのような装備がシーマって最初の頃から最廉価グレード以外にはほぼ標準装備になっていたのがひとつの「伝統」なんですよね。

パーソナルユースって言ってたのに。

そういう意味では、法人ユーザーが「おっ、こいつ使えそうやん!」って思うのも無理は無いし、「変質」して以降の時間が長い以上は「シーマを見る目」が自動車ライターですらそうなっても仕方がないと言えば仕方がないのだろうか。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking