Driver's High


Home > 自動車 > 新・十年基準

新・十年基準
Posted: 2019年11月 3日 00:15 自動車

マツダ藤原副社長「マツダ地獄はなくなった」とするも、直6ラージモデル投入は1年延期
https://s.response.jp/article/2019/11/02/328329.html

・・・ってことは、現行マツダ6はあと3年今のまま引っ張るのか。頑張るなぁ。
やっぱりSKYACTIV-Xになるであろう直6と、更にFRプラットフォームを同時に新規開発するのはツライか。
表向きは電動化って言ってるけど。

とはいえ、そうなるとマツダ6は10年超のモデルライフを持つことと、明確に余命宣告されたことになるわけで、今後3年は急激な旧態化・陳腐化との戦いにもなると思うけど、流石に世界的にはまだ競争の厳しいD~Eセグメントで10年選手はなかなか無いので、どうするんだろ。

何気にモデルチェンジの機を窺っているというか逸しているような気がするのも同じく10年以上様々な事情で売り続けたかつてマツダの上級車・ミレーニア(ユーノス800)を思い出しますが。

下手すると6を10年売ってる間にCX-5は2回モデルチェンジしそうですしね。

6とCX-5は兄弟車みたいなものですから、案外FRプラットフォームをCX-5のモデルチェンジにも合わせるための調整もありそうな気がします。
先代が最近のSUVとしては異例の5年でFMCしたように、今回も5年なら辻褄も合います。

とはいえ、案外6は6でちゃっちゃとモデルチェンジして、直6+FRは純正のEセグモデル復活(つまり、センティア~ルーチェの系譜とか)を復活させたりとかするのかな。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking