Driver's High


Home > 自動車 > 未来にキスを

未来にキスを
Posted: 2019年10月11日 08:35 自動車

mirai_concept.jpg

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1212253.html

ちょっとかっこよく・・・っていうか、普通の車のシルエットになりましたね。

現行型は燃料電池のパワートレーンが嵩張るので不格好なプリウスみたいな形でしたが。

でも、例えばEVのテスラがラジエター(ダミー)グリルを「旧世代の象徴だ」って言って無くす方向にしてるのに、トヨタは燃料電池になってラジエターが不要になっても無くさないんだ、と。

そりゃ、グリルレスデザインっていうのは非常に難しくて、一般的には自動車のデザインとしては最早それが機能部品ではなく単なる装飾であるとしても「あるのが当然」と考えられていて、無いのはほぼ好まれないデザインであるので、テスラみたいに良くも悪くも何も分かってないのならば己の信念を優先することも易いのでしょうけれども、トヨタは「敢えて」の方向に進むことはできなかったか。

しかしながら、プリウスで「ハイブリッドの形」を作ったトヨタが「FCVの形」を作るのならば、「自動車としての機能を表現するアイコン」としてグリルレスデザインみたいな挑戦も必要じゃないかなって。

現行型のスタイリングっていうのも、ああしないとメカニカルがボディに収まらないという意味では、「機能が見た目に現れている」わけで、それはそれで「FCVの個性(と現況)」の表現になっていると思うわけです。

それとも何か、ラジエーターのような冷却機構がボンネットの中に収まってるとか?

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking