Driver's High


Home > 自動車 > MAZDA2

MAZDA2
Posted: 2019年7月25日 16:24 自動車

http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/archives/52528803.html

もうこれは元々今のデミオが日本向けのプロダクトをしていないからとしか言いようが無い。

そもそもデザインが良くて売れるなら前からもっと売れている。
パッケージングが悪いというのならスイフトなんかはもっと酷い。

コンパクトカーで重要な経済性の面ではガソリン車は全く売りとなる部分が無く、ディーゼルはハイブリッドにイメージで太刀打ちできるポジションに無く、トラブルの多さや大元のイメージもあって玄人向け色が染み付いてしまった。

そしてプレミアムという点ではこういう小型車は質感よりはむしろユーティリティの方がまず先に判断される部分であるので、やっぱり広さを重視してないデミオ(マツダ2)は不利。

そういうわけで、トータルで見ると良いところは分かりづらいのに、各車の悪いところを的確にちょっとずつ摘んで詰め込んだような形になってるから、飛び道具や販売力で勝る車に惨敗する形になっている、そういう感じ。

この辺りを上手く立ち回ったのが今のノートで、元々はプアマンズフィットみたいな売りのない車だったところが、独創的なハイブリッドと豪華仕様を追加して一気にトップセールスを記録するようになったところにヒントがあって、素性として良い車に適切な素材を与えると大ヒットに繋がるといういい例である。

逆を言うのならば、今のマツダ2はあくまで日本車の枠内で外車を気取っている程度に過ぎないので、針の振り切ったところがないとセールスは回復しないと思うんだよね。マツダ2。

まあこの辺りは台数というよりはトータルの利益の最大化と言ったほうが適切であると思うけど。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking