Driver's High


Home > 自動車 > MAZDA3

MAZDA3
Posted: 2018年12月 6日 22:19 自動車

MAZDA3.jpg
セダンがマトモなセダンのスタイリングになったのは嬉しいかなって。

何気にボディパネルのほとんどがハッチバックと違うそうですが、ハッチとセダンで外装がまるで違う車って、ランティスみたいですね。
(最もあれは元々違う車として出す予定だったそうですが)

しかし、近年の国産Cセグメントセダンは昨今のセダン市場の冷え込みを反映して東南アジア向けに作っている車をそのまま導入しているような車が増えてしまったので、ハッチバックにトランクを付けただけみたいな大変不格好な車ばかりでしたけれども、マツダが敢えてここで久々にマトモな形にしたというのは、たぶん欧州市場を見据えてるんでしょうね。

ヨーロッパだとまだCセグでも普通のセダンって生き残ってますから、ハッチバックにトランクを付けただけのデザインは受け入れられないんでしょう。

願わくば今のマツダはせっかく「車らしさ」を強調しているのですから、もう少し伸びやかに・・・具体的に言えばトランクをもうちょっと伸ばして3ボックスらしさを出してもいい気がしますけど、それはアテンザの役割かな。

***
トーションビームサス。

新型からは遂にマツダもCセグメントまでトーションビーム化されるわけですが、確かにエンジニアが言うようにトーションビームであることのメリットっていうのもあるんですよ。

後輪が独立懸架であることのメリットは当然後輪で支えられる運動エネルギーの大きさがあるわけですが、とはいえFF車だと後輪は付いているだけですから、後輪駆動ほど大きな運動エネルギーを支える必要がないわけです。

そうなるとシンプル・ローコストは勿論のこと、構造上ジオメトリーの安定性の高いトーションビームのメリットというのが活きてくるわけで、トーションビームを採用するメリットが大きくなってくるわけです。

後輪トーションビームを流行らせたのはフォルクスワーゲンですが、結局のところVWにしても後輪に求められる仕事を加味した上でトーションビームを使い始めたわけで、ここまで独立懸架に拘ってきたマツダもCセグくらいまでならば独立懸架のメリットよりもトーションビームのメリットの方が勝つと判断したということは、結局後輪が支えなければならない運動エネルギーの総量がこのクラスだとそれほど大きくないんでしょうね。

***
SKYACTIV-X。

ある意味公約通りの時期に出せるっていうのが驚きなわけで(w

まあ完全なHCCIではなく、点火燃焼も併用したより現実的な解を用意したお陰でしょうけど。

だけど結局のところ、ドライバビリティとかでHCCI(SPCCI)を意識させられる部分って無いと思うんですね・w・

言うて果たして音が違うのか、レスポンスが違うのか、パワーが違うのかまだ分かりませんが。

最終的に乗ってみて、燃費とかまで見て初めて感動する要素なんじゃないでしょうか。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking