Driver's High


Home > 中古車 > 最後の良質車?

最後の良質車?
Posted: 2018年5月19日 10:01 中古車

K30_002.JPG

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU7557758735/index.html?TRCD=300001

車体番号:HK30-330322
モデル記号:BGCURHFK30EDA-J-D-
製造年月:02年7月
グレード:LXサルーン(RB20E/5速MT車)
カラー:KH3(ブラック)/B(ブルー)
装備:電動フェンダーミラー、14インチアルミホイール、ピュアトロン

本来ならRB20モデルはあんまり興味が無いんですが、久しく見かけないどノーマルかつ02年製という大変希少な車で、更に7月製造ってことはほぼこれ乗用仕様としては最終ロットの個体ですね。

しかも2.5万km走行という極めて低走行車。

そもそも数の出てない車なので、近年は中古の相場というものはあってないような車となっていますが、今そういうのではクルーってどういう需要があるんでしょうね?

一時期ハズシの選択として人気のあったドリフトでもここまで数が減ってしまうと観測ができないレベルとなっておりますし、旧来からのユーザーも老朽化と一種の設計ミス的な錆の発生に悩まされている方も多いようですし。

出自が90年代半ばのミドルクラス車らしく、ABSは最後までオプション扱いで当然のごとく付いてないのと(エアバッグはクルーが出た前後辺りからデュアルエアバッグ全車標準がニッサンのひとつのウリだったので付いてる)、あとより乗用仕様らしくなる(乗せてもらう分には全く変わらない)Gパッケージが非装着なのは残念かな、と。

でもMTの割りは黒でフェンダーミラーで空気清浄機付きってことは、何気に社用車みたいな使い方されてた車なんだろうか。

あれ、乗用のクルーって6月で販売終了してることになってるんですね。

でもこの車7月製造だぞ?

「登録」が生産終了よりかなり後になる事自体は普通にありますけれども、この車の場合「製造」なんですね。

もし生産終了の理由が排ガス規制(H12規制)だったら猶予自体は8月まであるので生産すること自体は問題ありませんけど、こんな受注生産になるだろう車が表向きの終売以降も販売されていたなんて、誰がいつどういう風に頼んだのか、また一つニッサンの謎が増えてしまった。

***
あの後もう少し調べていたのだが、クルーの乗用仕様、7月製造どころか8月製造まで存在することが分かった。

・・・ということはここから導き出されることは、Wikipediaに記載されているところの6月26日という日付は完全な製造・販売終了日ではなく恐らくオーダーストップ日であるということ。

ホームページへの掲載も6月で終わっているようだけど、これはクルーの乗用仕様なんて受注生産だろうから、見込み生産車が残るような車とは違って、オーダーストップ=掲載終了でも問題ない。

恐らくはH12規制での生産終了車のひとつだろうから、8月いっぱいまでの製造枠を確保できる日が02年の6月末だったということか。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking