Driver's High


Home > 自動車 > アクティブサスペンション

アクティブサスペンション
Posted: 2018年5月 2日 00:23 自動車

「揺れないクルマ」を実現、業界を革新するMIT発スタートアップ
https://forbesjapan.com/articles/detail/20736

なんか妙な内容の記事だと思ってたら、これ大元はBOSEが作ってたヤツか。

新幹線の乗り心地に憧れたからそれを自動車に持ち込みたい、それはいいけどどこでどういう風にBOSEと繋がったか結局イチから作ったわけでもなく、しかもその技術に関連するものはすでに30年前には実現されていたものなのです。

https://jp.autoblog.com/2017/11/30/clearmotion-buys-bose-electromagnetic-suspension/

しかし、いつの間にかBOSEはこの部門から手を引いてた&一応一部はモノになってたんですなあ。

BOSEの電磁式がダメだった理由はコストダウンに失敗したことと、電磁アクチュエータの設置性の悪さ、そして消費電力の多さが自動車では許容できるレベルではなかったからと言われていますが。

しかしながら、油圧アクティブサスならばベンツが今も採用を続けていますし、アウディが今までとは少し違う形(個人的には色々疑っている)でアクティブサスにアプローチをしています。

結局このBOSEのアクティブサスに夢を見た人は自動車のアクティブサス技術を知らなかったわけで、何故今自動車でアクティブサス技術が低調なのかと言えば、そういう効率的に量産化するための課題を一向にクリアできていないので、採用できるのがそれを許容できる高級車しかいないというだけなのです。

今回は少なくとも年内にはモノを出すと息巻いているようですけれども、BOSEも本来は10年前には商品化すると豪語してできなかった技術なわけで、さてBOSE時代に抱えていた諸問題を解決する糸口を掴んだのでしょうか?

でも久々にモノを見たら、昔より劣化してる?と一瞬思ったけど、ベース車がBOSE時代(10セルシオ)から変わっているわけで。
つまりこれ絶対的なストローク量はBMWは昔の車より余裕が無いからこういう事になってるんだな。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking