Driver's High


Home > 自動車コラム > 宣伝のチカラ

宣伝のチカラ
Posted: 2018年4月 1日 19:28 自動車コラム

ニッサンが筆頭スポンサーか。

でもニッサンってしばらく広告費ものすごい削ってたのに方針転換したの?

だって本来なら恥じるべきメインスポンサー降板を誇らしげに謳っていた会社ですよ。

そもそも、今のニッサンのセールスが低空飛行なのは自分は宣伝をしないからだとずっと思ってるんですよ。

勿論、セレナとかノートとかエクストレイルとか、「対費用効果」が高そうな車は積極的に宣伝を打ってますけど、ティアナとかフーガみたいなのは全然。
エルグランドですら売れないと見るや「切り」ましたからね。

結局、この辺りの差が俗に売りにくい車の販売力の差になっていると自分は考えていて、トヨタ車がなんだかんだでモデル末期になっても根強く売れ続ける車が多いのは、やっぱりそれなりに広報にコストを掛けてるからだと思うんです。

クラウンなんかがこの辺りの典型で、斜陽のジャンルの車でモデル末期なのに売れ続けているのは、やはりどこかしらで広告を見かけるから、存在を一般に認知されているっていうのが大きいと思うんです。

逆にニッサン車はフーガなんかはやはりモデル末期であることを差し引いても「宣伝してるの?」って感じで、やはり売れてないのはそもそも伝統の名前を捨てたからとか、モデル末期だからとか言う以前に、単に一般に存在を認知されてないという、そういう深い議論をする以前の問題だからだと思うのですよ。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking