Driver's High


Home > 自動車 > パサートTDI

パサートTDI
Posted: 2018年2月14日 23:45 自動車

結局何年遅れなんだか。

そもそもディーゼルゲートが発覚する前からフォルクスワーゲンはEVシフトの方を重視していた感じで、e-ゴルフなどの電動モデルは早々に発表されていたのに、ディーゼルに関しては日本のように開拓が進んでいなかった市場ではあまり積極的な感じが無かった。

販売サイドなどの「噂」レベルでは14~15年辺りにもというような話はあったようだが、結局具体的な話が進むよりも先に事件の方が起こってしまったので、こんにちまで延び延びになっていたような感じである。

それがディーゼル車導入の大きな壁となっていた法規の差、つまり日本の平成22年ポスト新長期規制が当時欧州の基準であったユーロ5よりも格段に厳しい内容であったとしても、だ。

***
しかしながら、ディーゼルモデルが明確にガソリンよりも高性能というのは、時代が変わったのかなぁとも思ったり。

勿論、Rラインまで含めればそっちの方がパワーはあるけれども、Rラインは特別なグレード。
やはり通常の1.4リッターの方と比較したい。

最近ではパジェロやプラドなんかがディーゼルをフラッグシップに据えているけれども、この2台は元々大排気量の高性能ガソリンエンジンの設定があったものの、これが廃止されたことでなし崩し的にディーゼルが上に立ったもの。

マツダのSKYACTIVも一時期はディーゼル>ガソリン的なケもあったけれども、ターボエンジンの追加やその先のSKYACTIV-Xの存在を考えれば少なくとも対等以上の関係である。

勿論、貨物車や昔のクロカン・ワンボックスなんかはそのトルク特性と経済性が好まれてディーゼルの方が上に立つ車は散見されたけれども、それはそういう需要が明確にあったからで、パサートのように何気なく出されたものでディーゼルが上っていうのは結構珍しい。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking