Driver's High


Home > 自動車 > ホンダの判断は正しいものであるのか?

ホンダの判断は正しいものであるのか?
Posted: 2017年8月30日 01:03 自動車

【温故】シビックタイプRのデュアルアクシス(2つの軸)サスペンションとは?【知新】
http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/archives/52495473.html

ストラット形式のサスペンションの利点は何と言ってもシンプルに安定した性能の独立懸架を達成できることにある。

故にストラットでこういうような凝った構造をするのならば素直にダブルウィッシュボーンなりマルチリンクなりにすればいいのに、と思うのだけれども、何かそうできない理由が存在するのだろうか。

コスト以外で。

構造的に見ればトヨタのスーパーストラットのように非常にピーキーかつ複雑な構造となるのならばともかく、今回のホンダのデュアルアクシスストラットは構造的に考えればスーパーストラットのような問題点も無く、かつ比較的容易に性能面でのメリットも得られそうではあるし、設計にも難しい面も無さそうだから、出てくるのならばもっと昔から存在していてもおかしくはない形式のように見える。

なのに何故今まで無かったか。

結局、ストラットサスペンションという形式にそこまで求められなかったのが大きいんじゃないかな。

そこまでやるんなら、そしてタイプRらしい動力性能にも応えられる性能とするなら、今度はストラット形式の弱点であるジオメトリーコントロール性の低さが顔を出してくると思うしね。

にほんブログ村 車ブログへ 

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking