Driver's High


Home > 自動車コラム > 1000kgのロマン

1000kgのロマン
Posted: 2015年2月 8日 03:01 自動車コラム

新型ロードスターの車重の開発目標が1tちょうどというのが、先日辺りから流出情報?として話題になっている。

まあ、元々昨年の9月にアンヴェールとなってから、今度のロードスターは「100kg程度の軽量化」「歴代最軽量クラス」というニュアンスでそういうのの目標値が明言されていたので、車重が1t前後に収まるのではないかというのは各所で想像はされていた。

でも、意外と目標での1tという数字はクセモノのような気もする。

思えば、トヨタのMR-Sも先代モデルとなるSW20型のMR-2が重くなりすぎたことから、車重1t以内という目標を掲げ、実際それを達成して登場している。

そこで印象に残っているのは、単に開発目標としてその数字を掲げるだけでなく、MR-Sの開発者が「1tを上回るようなら出さない」という気概を語っていたことだったりする。

実際、MR-Sは1000kgキッカリなどという如何にも目標は達成しました、という値ではなく、最初期型は970kgだったか、結構軽くできていた。
(最終型は流石に1tを超えてしまっていたようだが)

そこで、ロードスターについても、歴代最軽量を最初敢えて謳ったのであるから、1tと言わず本当に歴代最軽量、つまり950kgくらいを開発目標に据えてみては如何か、と思ったりする。

逆を言えば、この目標1tという数字は案外残念な感じを個人的には受けていたり。

ロードスターはオープンで重いように見えて、実は初代から100kg程度しか重くなっていないが故に。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking