Driver's High


Home > 自動車 > PREMIUM

PREMIUM
Posted: 2014年9月19日 17:34 自動車

もしかして、今度のデミオってベリーサの代替も兼ねているのかのう。

既にデビューから10年が経過し、またデミオが3代目になってからもたしか7年ほど経っているわけなので、みんな忘れているかもしれないけれども、ベリーサは元々デミオの派出車種で、デミオのプレミアムモデルという位置づけであった。

つまりデミオも元々ああいう形だったのだが、3代目になってから結構長い時間が経ってしまったのでダイハツのテリオスキッドが本来何のキッドだったのか忘れかけられていたように、こちらも本来のポジショニングを半分忘れられていそうだ。

実際、現在のベリーサはハイト型だった時代のデミオユーザーの一定の受け皿になっているとも言われているので、プレミアムモデルではあるけれども当時とは微妙に立ち位置が変わってきている。

そこに新型のデミオである。

とにかく今度のデミオはプレミアム感が高いと言われる。
となると、モデル末期でいよいよプレミアムという点でもコンセプトが被ることになるベリーサはお役御免になる可能性が高い。
(いくらなんでも安売りモデルとして生き残ることはないだろう)

しかしながら、ベリーサのポジションには今度はCX-3が来ると言われているが、CX-3はハイトコンパクトではなくクロスオーバーSUVであると言われている。

上記の通り、現在のベリーサの購買層はむしろ従来のデミオユーザーが買い支えているとも言われているけれども、となると従来ああいうハイト型モデル、さらに言えば大元のデミオのコンセプトに惚れて買ったユーザーは一体どこへ行けばいいことになるんだっていう?

ここは敢えて放流するのかなぁ、他社に。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking