Driver's High


Home > 自動車 > でみお

でみお
Posted: 2014年7月18日 08:20 自動車

ディーゼルMTがあるのは確定かぁ。しかも6速。

アカン、実用でリッター30を連発してまう。

あとはおねだんいくら?

***
ディーゼルMTのトルクがATより低いのは、デミオクラスの車体に積めて、扱いがシビアになり過ぎず、かつ250Nmクラスのトルクに対応できるクラッチが作れなかったか。

でもまあ最高出力は同じ、かつトルクバンドが見かけ上広くなってるように見えるってことは、中速域のトルクピークの値だけ落としてるって感じか。

こういう耐トルク性能の限界からMT車の性能を落としたり、或いはMT仕様そのものがオミットされる例は一時期のMT車やスポーツグレードでたまに見かけたけど、最近はMTも減ったせいもあるけど、それ以上に技術が進歩したのかなかなか見かけなくなってた差別化だ。
(個人的にはミツビシの4G63の印象が強い)

でもボンネットの中には余裕がありそうなデザインなのに・・・?

***
でも5ナンサイズに収めたにしてはフェンダーやドアが膨らみ過ぎのような気がしますが、車内スペース大丈夫でしょうか。

狭いのは諦めた上でインテリアデザインで誤魔化すようなやり方にも見えますが。

でもまあアレだよね。

実際こういうのは乗って(見て)みないと分かんないけど、「イマドキのスペースユーティリティ一本槍の車は嫌いだ!」って公言してる人が、この車見てどういう感想を抱くか非常に楽しみです。

だって狭そうだもん。

これでそういう人が「カッコイイけど狭い(キリッ」とかいったらm9ですけど。

結局日本車の歴史は何かに理由をつけて「もっと広く!」の繰り返しですから、物理法則を無視する技術が開発されない限りは「かっこ良く、かつ(所定の範囲内で)広く」は両立できないのよ。

***
デザインは相変わらずの鼓動デザイン。

でも先代モデルのテイストが一切払拭されてたアテンザ・アクセラと比べると、ライトの辺りとかフェンダーの辺りに現行型から連なるデミオらしさというのが、今度の新型にはあるような気がする。

そしてグリルの真ん中にナンバー。

ただ、そのスタイルは変えずとも、中央に一時のアウディとかみたいに桁を通すことで、2分割デザイン調にして違和感を緩和する方向に持っていったか。

でももう少し細部のディテールをシャープな感じにしても良かったと思う。
真ん前からの写真がコンパクトというよりはSUVみたいな、車格不相応の妙な厚みと重量感を感じるのと、シグネイチャーウイングの部分のグリルからライトの繋がりに違和感を感じる。

5ナンバーコンパクトのサイズの中に、ムチムチマッチョな鼓動デザインをそのまま詰め込んだせいだろうけど、なんかこう、先行3車と比べると大味で野暮ったい感じがする。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking