Driver's High


Home > アフターパーツ > マグ鍛

マグ鍛
Posted: 2014年1月14日 06:28 アフターパーツ

http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2014autosalon/20140111_630485.html

BBS_MP.jpg
現状でも一応マグ鍛のホイールは1つだけだがラインナップに残ってたはずだけど、もう少なくとも10年はラインナップが変化していない上、従来のマグ鍛モデルを上回る性能とアルミの取扱性を両立したと思しきジュラルミン鍛造のホイールまでやりだしたから、少なくとも一般向けにはもう取り扱いのシビアなマグネシウムホイールなんてやらんと思っていたのだが、驚いたな。

とはいえ、やるからには例のジュラルミンホイールとはまた別基軸を打ち出すつもりなんだろうけど、20インチで9kgを切るような超軽量を達成したジュラルミンホイールシリーズに対してのアドバンテージとは?

正直ジュラルミンホイールがああいう感じに仕上がってるだけに、競技専用レベルで実用性を度外視した軽量化と強度剛性の両立でもしない限り、マグネシウム鍛造の立場って結構危ういと思うのだが。

逆を言うと元々取り扱いはシビアで人を選ぶのがマグネシウムホイールなのだから、そういう方面には生き残りの道はある・・・かもしれない。

***
BBS_Super_RS.jpgそしてスーパーRSも今となっては古臭さも隠せなくなってきた割には根強いね。

まあサイズラインナップが非常に少ない上、それもどこの層を狙ってるかがモロわかりな感じだが・・・。

でもその割には「そういう車」に履かせるには厳しいサイズしかそろそろ生き残ってないし、実際今度出展されたのも20インチだというから、一体どんな車に履かせればいいのだろう?

最近のスポークとかがグネグネとラウンドしたホイールと比べれば、良くも悪くもシンプルなメッシュ(クロススポーク)デザインのBBSは「なんにでも合う」けれども。

にほんブログ村 車ブログへ   

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking