Driver's High


Home > 自動車 > レヴォーグ

レヴォーグ
Posted: 2013年11月20日 16:23 自動車

levorg_001.jpg

見た目は現行世代の車よりはマシになったって感じか。

思ってたよりカッコ良かったのでビックリしたよ。

個人的にはスバルのデザインが一番洗練されていた2000年代前半頃のテイストが少し復活したように感じる。

でも思ったほどちっちゃくないね。

日本向けにダウンサイジングってドヤ顔で発表したのにw
5ナンバーはあり得ないにしても、せめてBPくらいのサイズかと思ってたよ。

それにエンジンが2リッターと1.6リッターって、これ意味なくないか。
どっちも税金区分一緒だぞ。

この排気量設定で有利になるのはヨーロッパです。

欧州は自動車税に当たる部分の区分が日本より細分化されてたり、馬力課税だったりするので、こういう設定をしてる車種が多いわけですが、日本では自動車税は知っての通り500cc刻みなワケなので、1.6リッターって排気量は一番勿体無い排気量になるので、旧税制時代に開発されたエンジンの製造設備とかの減価償却が終わった辺りから一気に姿を消したわけです。

やっぱり日本のこと考えてないじゃないか。

高級車なら新税制になってから4.1リッターとか4.6リッターとか出たけどね。

でもスバルって他社ではニッチ市場向けにしか今や生き残ってないテンロクを未だに普通に使ってる会社なので、ターボもダウンサイジングと言いながらもう二声くらい欲しかった燃費とか、バカみたいに上げてる馬力とか、欧州とかどうとかいう以前に、まさか頭の中が未だに80年代の人間が企画開発仕切ってたわけじゃあるまいな。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking