Driver's High


Home > 自動車 > ELEVATOR ACTION

ELEVATOR ACTION
Posted: 2012年7月25日 23:52 自動車

ポルテって2代目出るのか・・・。

ポルテってあの当時のトヨタが乱発してた「一芸車種」シリーズの1台で、助手席ドアの巨大なスライドドアが特徴だった車ですが、ある意味セラと同じでドアだけを売り物にしたような車(まあ車名もそのまんま「扉」って意味ですし)なんですが、何が良かったんでしょーねー・・・。

コンセプトカーでは両側スライドドアに改造したモデル(これは確か車が出た後に作られたはず)なんかがあったりして、「ナンか狙いがあるんだろう」っていうのは何となく感じるのですがー。

一説によれば福祉用途車としての適性が非常に高くて、その手の引き合いが多いと言いますが。

まあこれがトヨタの恐ろしいところで、こういうコンセプト先行のモデルは、たとえポルテみたいにドアだけしかウリが無いような企画になったとしても「やりたいことは必ずやる」モンだから、ピンポイントで「この車じゃないとダメ(用途的な意味で)」って人を引き寄せたりして、こういう謎の車で謎の市場を切り開いたりすることが多々あるのが恐ろしいところです。

自動車というものを語る場合、趣味性のみに重きを置いて語る人は多いですけれども、一見ふざけているように見えても概念の部分がしっかりと固まっていれば自動車は「道具」として輝きます。
トヨタはこういう面で非常に抜け目の無い、優れた会社なんですよね。

逆にニッサンの場合はこういう謎コンセプトの車は100%コケます。
ニッサンの場合は何が悪いかって言うと、大体謎コンセプトの車の場合は「やりたいことをやれなかった出来損ない」をそのまま後に引けなくなって出しちゃうワケで、トヨタとは逆に本能的に「これいらない」って感じちゃうんですよねー・・・ルネッサとか。
企画書とかの段階ではバラ色に輝いていたり、意欲的な企画なんでしょうけれども。

最終的に市場に出てくるものに関しては、いわゆるステレオタイプな「トヨタ車」を出すのって、むしろニッサンの方なんですよね。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking