Driver's High


Home > インプレッション > SKYACTIV

SKYACTIV
Posted: 2011年11月 6日 18:34 インプレッション

JAPAN DRIVE FASTチャレンジしたおー。

***

SKYACTIV_002.JPG

アクセラ。

スコアは4.8。

ドライバビリティが非常に良く、車が手取り足取り動く感じ。
ここまで自然に走る・止まるが出来る車は久々である。

当然、このようなエコドライブでもこのドライバビリティの良さはプラスに働く。
今回のキャンペーン(JAPAN DRIVE FAST)でもアクセラのほうが平均点が良いらしいが、これは当然であると言える。
SKYACTIV第2弾だけあって、ドライブトレーンの熟成は確かに進んでいると見える。

ただ乗り心地が非常に悪い。まるでスポーツカーの乗り心地。
ここまで乗り心地が悪いのはZとかレクサスのIS-F以来。
でもこれはマツダの世界戦略車の戦略グレードであって、スポーツグレードですらないんだぜ。

同じ欧州調でもスイフトやデュアリス辺りはこりゃあイイって思うけど、これはダメ。硬いだけ。
アベレージスピードの高い欧州ではこういう足回りもいいのかもしれないけど、アベレージが低くゴー&ストップの多い日本には不向きなチューニングだね。

日本は舗装状況がいいとよく言われるけど、実際には主要幹線でもない限り細かい補修の繰り返しや単純な破損等で割りと路面は荒れてるんだし、一般的に路面状況が悪い国の車は足回りをしなやかにする傾向がある(アメ車・フランス車など)んだから、こういう足はあんまり向かないと思うのよねぇ。


skyactiv_003.JPG

デミオ。

スコアは4.3。
・・・でもディーラー入る一瞬手前まで4.7だったんだよなぁ(苦笑
ホント、最後の30秒で・・・どうしてこうなった。

よく言われてるけど、確かにデミオのドライバビリティはかなり酷い(笑

車自体の乗り味はアクセラ並か、アクセラよりもむしろスッキリしたいい乗り味なんだけど、走る止まるが典型的な燃費特化の制御で、せっかくのCVTなのに出来の悪いATみたいな走り方するんだよなぁ。

要はトルクが無いのに回転を抑えて走ろうとしてるんだ。
巡航時は出来る限り回転数を落とすのは正解だけど、加速時まで限界までそういうのを我慢するのはねぇ・・・。
トランスミッションのロックアップもかなりギリギリからやってるのか、走り方によってはトルコンのロックアップするときのシフトショックまで出るっていう。

効率良く加速することは重要だけど、加速させないこととは意味が違うんだぜ。
これでトルクがあるエンジンなら、高いギアでも十分加速していけるけど、この車無いでしょ。

あと、エンジンブレーキっていうか燃料カットの使い方もちょっと極端かなぁ。
ギリギリまで燃料カットを使おうとかなりのローギアまで変速&ロックアップしてるのか、極低速でエンジンブレーキが強すぎる。

これで燃費よく走れっていうのは実際結構難しいと思うよ。

CVTの制御はホント、ホンダが一番洗練されてると思う。

***

i-Stopは技術上は再スタートにセルは要らなかったはずだけど、確実性を期して一瞬でもセルを使うのは分かるけど、結局その辺り少し再スタートに違和感感じるかなぁ。
振動もあるし。

まあこの辺りは量産アイドリングストップシステム(除くハイブリッド)の第1世代と考えれば仕方ないか。

でも割りとアイドルストップを踏ん張ったり、停止・始動のレスポンスが良かった辺りはすごいと思った。

***

まあ今回のドライビングはせっかくだからちょっと記録狙ってみたのさ。
って言っても、普通にちょっと色を付けた程度だがね。

i-DMのドライビング評価はこの2台を比較してみたところ、かなり現実に沿ったいい評価をする。
車というものは走る以上はゴー&ストップなどは避けられない以上、そういった部分の巧拙こそが最大のポイントであるからして、単純な数字ではなく、実用的な視点に立った真に効率の良いドライビングパターンを熟知した人間がアルゴリズム組んだんだろうね。

単純に数字だけ見ればこういうキャペーンをやる場合、郊外の店舗が有利で市街の店舗が不利って結果に落ち着くけど、そういうのが感じられないというところを見ると、マツダもこのシステムやキャンペーンに相当自信があったんだろう。

これで高得点を取れるということは、その運転ができる人間は運転の基本が分かってるということ。
また逆にこれで高評価の取りにくい車というのは、どんなに数字が良くとも実際にはエコではない。

結局、それがアクセラとデミオの評価差であると思うし、実際デミオは酷かった。
これはデミオの評価アルゴリズムが辛いんじゃなくて、単純に本当に効率が悪いだけ。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking