Driver's High


Home > インプレッション > ホンダ CR-V ZX・HDDナビ/アルカンターラスタイル(RE4)

ホンダ CR-V ZX・HDDナビ/アルカンターラスタイル(RE4)
Posted: 2010年9月28日 12:13 インプレッション

非常に、高級車ですね(笑

SUVの皮を被ったミニバンだった初代、見た目はよりワイルドになったけどかえって中途半端になった2代目と比べれば、コンセプト的にはこの3代目が一番「らしい」感じがします・・・というか、結局ハリアーとかがヒットしてくれたお陰で本来の姿になれたって感じでしょうかね。

車の本質的な面を問えばシビック系のプラットフォームを使って、4WDも乗用車向けのスタンバイタイプという初代からの様式美にも近い形のまんまなワケですが、形が違うだけでこうもイメージが変わるわけです。

最も傍から見てれば、某レパードみたいにコロコロコンセプトが変わっているようにも見えますが。

ただ、ハリボテと言われてもその分とにかく安かった初代と比べれば、ホントに非常に上質な車になってますが、値段も相応に(ry

でも、本来のCR-Vのセグメントである、クロスロード(2代)なんかも結局製造中止になったように、もうこういう路線でないとこういう車は生き残れないのかもしれない。

☆エンジン
先代からお馴染みK24A。
実用的なレベルからすれば可もなし不可もなしな非常に平凡な組み合わせ。
確か先代よりパワーアップしてるはずなんですが、あんまり変わった気はしませんw
ただ、3000回転辺りから上のトルクも若干上がったかな。

なんせ、セルの音からエンジンフィールから、ホント先代と一緒なんですもんw
ただ、静粛性はかなり上がっていて、先代よりは遠いところにそういったものがあるようには感じます。

でも、車がここまで上質になった割には4気筒2.4リッターっていうのはどうなんでしょうね。
ホントに過不足感は先代同様全くありませんが、このテの車らしい余裕もありません。
ニッサンの4気筒みたいな、安っぽいガラガラ感は無くスムーズですが、良くも悪くもニッサンとは別の意味で4気筒っぽい軽いフィールでもあります。

このエンジンのみでアメリカでも戦っているっていうんだから、非常に不思議な感じでもある。
車格もかなり上がりましたし、J30A(V6・3リッター)くらいあっても良さそうな感じなんですが。

☆トランスミッション
ホンダはミッション内製だから、まだ5速なんですよね。
まあギアの段数を云々言うほど新しい車でもありませんが。

100km/h・5速のギアリングは1800回転ほど。
ただ、5速ではトルク不足が顕著で、高速クルージング以外ではあまり5速は使いたがらない印象。
5速に入っても、加速モードではすぐシフトダウンする。

また、やっぱりエンジンがやや小さめなせいか、全体的に低めのギアで若干引っ張りたがる感じもする。
スロットル操作に対しての反応も相変わらず遅めで、ニッサンで言えば常にパワーモードに入ってるような違和感を感じるんだよねー。

まあ、この辺りはホンダのATは総じてこんな感じでもありますが。昔から。
CVTの扱いは上手いのに、なんでATはこんなんなんだが。
本来人間の感覚に合わせるためにあるはずのプロスマティックとかのシフトアルゴリズムが悪さしてるとしか思えない。

静粛性が高い&ホンダはどんなエンジンでもバカみたいに高回転までスムーズに回るので、タコメーターを見なきゃあんまり回ってるようには感じないが、それなりに加速を要求すると常に3000回転辺りを使うような感じで、余裕が感じられない。
やっぱり3リッターくらいあった方がいいんだろう。

あと、ホンダはあまりロックアップしないよね。ホント。
アクセル操作に合わせて常にタコメーターの針がフラフラしてる感じ。
これで燃費計10km/l超えてたけど、ホンマかいな(笑

☆足回り
全体的に、フラット感重視な感じであるけど、低速域でやや渋い印象を受ける。
タウンスピードではあまりサスのストローク感がなく、身体が揺さぶられがち。
速度域が上がってくるとそれなりに良い。

最も、それがホンダっぽい言ってしまえばそれまでだけど、この乗り味は一昔前のホンダだねぃ。
最近のホンダはこの辺りの作り込みがなかなか上質で、トヨタなんかよりは数段そういう部分では上と言えるんだけど、RE4ではなんか90年代くらいのレベルまで退化しちゃった感じ。

車高の高い車なんだから、もう少しストローク感ある乗り味の方がイイと思うんだけどなー。
この辺りはシビックの方がバランスいいと思うよ。ウン。

悪い意味で乗用車っぽい感じがする。

☆内装
グレードが「アルカンターラスタイル」なので、本革・アルカンターラコンビのシートが付いていて、この辺りで既に上質感が高まってるんだけど、その他の装備を見回してもパワーシート・オートライト・左右独立エアコンetc。
装備からして非常に高級車である。

また、中途半端にSUVチックなインテリアデザインをやめたお陰で、この面からも上質感大幅うp。

この内装は非常に良いと思う。

ただ、ドラポジがやや決まりにくい。
チルト&テレスコとパワーシートで、アジャスト部位自体は多いのだけれども、ハンドルとシートポジションの関係そのものがなんか不思議な感じで、ハンドルポジションの基本位置が遠い&高い気がする。

にほんブログ村 車ブログへ   

Comments:0

Comment Form











           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking