Driver's High


Home

1GD@ハイエース
Posted: 2017年11月28日 00:16 自動車

ハイエースが一部改良でこっそりとディーゼルエンジンを最新の1GD-FTVに換装。

ハイエースのディーゼルはいわゆる「クリーンディーゼル」と呼ばれるディーゼルの最初期世代の車となるので、初期の車は排ガス処理に係るトラブルが非常に多かったことで有名で、1KD時代にも一応対策も取られたわけではありますが、今回の最新設計+SCR採用のGD型というのは現状取り得る最終解決案であるのですね。

GD型はSCRを採用したことで今までの・・・と言うと語弊がありますが、SCRタイプのディーゼルは基本的に高温燃焼でPMを減らし、NOxはSCRに投げてしまうという手法を取るので、燃焼制御でNOxとPMの抑制のバランスを取っている非SCRタイプと比べると、ススや燃費の問題に強く、つまりそれって従来ハイエースが苦労していたポイントそのものなのですね。

この辺り、SCR分のコストは浮くとはいえ考え方としては矛盾を孕む低温燃焼を突き詰める他社のクリーンディーゼルと比べると、商用ユースで乗用とは違うコストや使用感覚のユーザーと直に触れてきたトヨタならではの考え方ではないかと思うのですが・・・。

実際、日本では10万km走ったらポイな感覚が強いせいか非SCRタイプでも大きな問題にはなってませんが、乗用でも走行距離数の段違いな欧州ではSCRタイプが非SCRタイプと拮抗するくらい存在感ありますしね。

プラドで登場した時からこのエンジンがハイエースに載るのは時間の問題だと思っていましたが、定例のマイチェンではなく一部改良でこういうエンジン換装を行う辺り、やはり切実なんでしょうね。

最も、何気に現行ハイエースもデビューから12年経過していますから、そろそろモデルチェンジするという噂もありますが・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

iPhone X
Posted: 2017年11月19日 02:05 パソコン・ネット

小さいことはいいことだ。

***
小さくなってすごく持ちやすくなった・・・。

これでも実寸自体は小さい方の8とほぼ同寸なので、5系までやSEの4インチモデルよりはかなり大きいのだけれども、流石にPlus筐体+カバーのかなり片手に余るサイズ感と比べれば遥かにマシかなって。

最も画面のサイズはこれでもPlus以上の5.8インチを確保されているので小さくて大きいのだけれども、変態仕様の解像度&アス比のせいでやはり解像度の変化のあった5以来の非対応アプリの強制表示リサイズが復活。
この辺りはまだ出て1ヶ月経っていないとはいえゲーム系は対応が遅く、ソーシャル系は対応が早い。

***
パッと見た感じは6以降のデザインとあんまり変わらないけれども、ワイヤレス充電対応などの絡みで、4s以来の表裏ガラスパネルの復活と、これまた(X限定ではあるものの)4s以来のステンレスフレームの復活。

アスファルトの上とかにでも落っことさない限りどう扱っても全く傷の付かなかった、重戦車のようにタフな4sと同様の組み合わせが復活である。

最も、4sがなかなか傷つかなかった理由の一つには、ガラス面はともかくとしてフレームは無塗装でマットな仕上げのおかげで傷が目立ちにくかったというのもありそうなので、同じステンレスでも鏡面仕上げ・スペースグレイならさらに塗装仕上げになるXでは、フレームそのものには傷が入らなくても、塗装は剥がれてしまうようなことは普通に起こりそうだ。

***
パフォーマンス。

ハードウェアの仕様自体はディスプレイ以外は8Plusとほぼ共通とされているので、ディスプレイの解像度が高い分だけ3D描写は遅いらしい。

Plusが登場してから伝統的に差別化されていたメインRAMの容量に関しても、8と8Plusでは従来通り差別化されているものの、8PlusとXでは共通の3GB。

ここ最近はiPhoneも立て続けにメインRAMの容量を増やしていたものの、ここに来て足踏み。

アプリの方もメモリが増えだしたことをこれ幸いとばかりにリッチな性能を要求するものが増えているだけに、Xでは画面解像度のせいもあるのか、久々にちょっとメモリが足りない感じが出てきている。

ハイエンドモデルとしての性能自体は確保されているものの、XではVRAMの余裕を持たせるためにもせめて4GBにして欲しかったのだが。

A9辺りから囁かれ始めた、ミドルクラスのx86を食えるレベルの性能というのは今回も健在のようだけれども、生憎iPhoneではそれを顕著に体感できる作業はほぼしないので、3Dゲーが徐々に軽くなっていくことくらいでしか実感できないのである。

しかしどうしたことか、アズールレーンだけは異常にロードが遅くなるという不具合が発生中。
たぶんハードの仕様を鑑みるにX固有のトラブルではなさそうなんだけど。

***
Face ID。

Touch IDと比べると、ロック解除に掛かる手間が大きくなった。

Touch IDではその構造上、事実上一瞬でロック解除ができたが、Xでは顔認証をした後改めてロック画面をスワイプする手間が必要になるので、この辺りのレスポンスは有為に悪くなっている。

顔認証のレスポンス自体は数秒程度認証が出来ないと即タイムアウトするので、そういう認証が終わらなくて操作待ちが発生するようなことは無いけれども。

正直、精度に関しても最初に顔認証を登録した端末と顔面の位置関係にも大きく左右されるし、Apple Payとかでもそもそもの端末のインターフェースが変わった影響もあるとはいえ操作性が下がっているので、セキュリティはいいんだろうけど、実用性はTouch IDよりも低いかと?

最も、ロック画面の通知なんかをよく利用する人だと、Xの仕様の方が都合がいいかも。

***
OLEDディスプレイ。

OLEDはバックライトを必要とせずその素子そのものが自発光する構造上、IPS液晶よりも更に発色等で有利になるので、確かにコントラストは非常に鮮明になった。

ただ普通に画面を眺めているだけだと大して変わった気はしないけれども、黒の領域の大きい画面を見てると非常によく分かるし、不評の「ノッチ」部分が画面表示の工夫や塩梅次第では全く目立たなくなるのも、OLEDのコントラスト比の高さ故。

ただ、OLEDはその特性上、画面焼け・・・というか素子の劣化で画面焼けのような症状がどういう風に使っても確実に発生するという時限爆弾持ちなので、どんなに長くても3年使ったらポイだろうなあと。

あとTrue Tone機能で覆い隠されてるけど、デフォルトの色温度がめっちゃ上がった模様。
(オフにすると画面が安いノートパソコン並みに青くなる)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

面白くなってまいりました
Posted: 2017年11月18日 01:13 自動車

GJ2FP_016.jpg

http://www.webcg.net/articles/-/37649

・・・ってことはあと2〜3年は現行型のまま売り続ける気なのでしょうかねえ。

顔立ちが現行CX-5風にフェイスリフトされるようですが、まあCX-5にしても実態はビッグマイナーでプラットフォーム絡みはほぼ手付かず、エクステリアデザインにしても鼓動デザインの継承という点では重要なFMCだったと思いますが、悪く言えばやっぱりフェイスリフトレベルの変化でしかないわけですから、こういう流れにもなりますわな。

しかし、同じ2012年に登場した現行アテンザ/先代CX-5でここまで方向性が分かれていくとは正直思ってはおりませんでした。
中身は正直どっちもどっちではありますが。

しかしそうは言っても曲がりなりにもFMCと銘打って矢継ぎ早に次のステップを見せたCX-5に対して、アテンザがこういう方向性で来るとなると、何気にFMCの時期が2019〜2020年頃と予測されるわけで、そうなってくるとまずは社運を賭けて開発しているSKYACTIV-Xエンジンのスタートアップモデルとなる可能性、そして一度は一笑に付した「2020年頃にFR乗用車投入」というロードマップにも合致してきますから、これはなかなか次期アテンザ、面白い車になるのでは。

つまるところ、CX-5が省エネFMC&アテンザを7~8年くらい引っ張る決断をしたということは、エンジンだけの開発に留まらず、案外FRシャーシの開発にもリソースをぶっ込んでいるからこそとも考えられるわけで。

以前SKYACTIV-X(HCCI)はともかくとしてFRシャーシに関しては一笑に付した理由としては、やはり当時そういうニュースが出た時はアテンザにせよCX-5にせよ、普通に6年売ってFMCのサイクルで来ると思っていたわけで、そうであると2020年頃ではそういうサイクルからは外れる計算になっていたわけで、無理だろうと考えられたわけです。

しかし、現実は上手くその辺りをやりくりしてくるときた。
まあアテンザはある意味売れても売れなくても一緒だから、好き勝手出来るんでしょうね。

あとは今後3年ほどをどう乗り切るか、だと思うんですが。

アクセラ・デミオを6年サイクルでFMCさせると、アテンザのFMC想定時期と被ってしまうので、この2台も18~19年辺りに順次モデルチェンジが必要な気がしますが。

逆にCX-5は最低でも22年辺りまで引っ張るのかな。

・・・あ。ガソリンターボ追加になるんですね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

マイナーチェンジ
Posted: 2017年11月14日 00:59 自動車

nd5rc_003.jpg

あ、水温計のスケールが直されてるw

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ハイ・テクノロジー
Posted: 2017年11月 4日 19:49 ゲーム

https://jp.ign.com/gran-turismo-sport/19030/review/sport

4WSを再現するようになったのなら、そろそろいい加減トルクスプリット4WDの再現もしていただけませんかね・・・。
(GTのAYCみたいに折角追加しても正確に再現する気がまるで無いようなこともありますが)

結局GTを始めとするレースゲームでGT-Rなどの4駆スポーツがイマイチ速くないことが多いのは、GT-Rを始めとするトルクスプリット4駆のモデルはそれが再現されていないので、車の性能の半分が再現されていないような状態だからなのですね。

一応、最近はトルク配分自体は事前のセッティングで変えることはできる作品は増えてきているので、トルクスプリット4駆車のハンドリングとスタビリティ・トラクションの兼ね合いはそこを弄ることで「再現」としているわけですが、それでは完璧なはずがない。

最も、このような電子制御デバイスはランエボのAYCが衝撃的な走りで革命を起こしたり、或いは古くはグループAスカイラインのアテーサ開発車に何も知らされずに試乗した某レーサーがその異次元の走りに圧倒されたりと、現実世界でもこの手のデバイスは時に「チート」レベルの効果を発揮する場合もあるだけに、レースゲームでこの手のデバイスを忠実に再現した場合、シミュレーター系作品では逆に「ゲーム挙動」の誹りを受けるような「不自然な走り」をしてしまう可能性も高いわけですが。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

           

Recent Entries

Categories

Archives

Tag Cloud

Blog Ranking