>> mobile
Copyright(C) 2006-2012 Tommy.K All rights reserved.
○油圧アクティブサスペンションの研究

研究の意味・ごあいさつ

ニッサンが誇る油圧アクティブサスペンションはその素晴らしい性能とは裏腹に、 低い信頼性や拡張性が嫌われ、アフターマーケットでの評価は大変低いものに留まっています。

しかし、「アクティブサス」という機構が持つその性能を、「弄れないから」「壊れるから」の一言で捨ててしまうには大変に惜しく、 また間違った取り扱いにて機器を損傷させていながらも、それを機械の信頼性に置き換える風潮も強いことに、当方は大変な不満を覚えます。

そこで、ここではニッサン油圧アクティブサスペンションの素晴らしい性能をより伸ばし、そして新たな可能性を追求するべく、 様々な角度から性能・信頼性・ドレスアップ、全てを満足させる方法を研究して生きたいと考えています。

尚、あくまでここに掲載されている記事の内容は当方独自の研究によるものであり、 本来ニッサン自動車が定める正規の作業手順ではなく、作業に対する保障も一切受けることが出来ません。 また、記事に関する無誤謬性、及び作業に関するトラブルにも当方は一切関知しません。

現在この項目で扱っている記事について

現在の所、当記事では車高調整の手法についての研究を主に扱っています。

理由としては、アクティブサス自体のセッティングを変更するには、 ECUの中身を解析・書き換えやGセンサーの微調整など専用機具を使った作業がが必要であること、 またそもそもそこまでしなくても、走行性・快適性の上では大変高いレベルの性能を持っているため、 手間と比較して効果が薄いと考えられることが主な理由です。

対して車高調整に関しては、従前からアクティブサスという機械の特性を活かして エアサスコントローラで電気的にその状態をコントロールする事が可能であるなど、 比較的簡単な手段で高い効果が得られることが分かっていること、 またそれに比較してよりリスクの低い方法というものを探し出そうというのが主な狙いであります。