>> mobile
Copyright(C) 2006-2012 Tommy.K All rights reserved.

高級車に求められる安全性能とは。
最新の安全技術を駆使し、その理想の姿を追求しています。

日産では「豊かさと楽しさ───それを伝える安心・安全思想」をコンセプトに、 ドライバーとクルマの危険回避性能を高め、事故を未然に防ぐ「アクティブセーフティ」(予防安全性)と、 事故後の乗員の被害を最小限にとどめ保護性を高める「パッシブセーフティ」(衝突安全性)の両面から、 従来より安全性の向上に務めています。 インフィニティQ45においてもクルマの基本性能をより高めるとともに、 さまざまな安全対策を実施し、安全で快適な走りを実現しています。

■ACTIVE SAFETY(予防安全性)
クルマの基本性能を高めること、運転環境を整えることが安全につながります。 インフィニティQ45は4輪マルチリンク式サスペンションを基本に、 油圧アクティブサスペンションを装着(タイプVにメーカーオプション)、 コントロール性能を高めています。 またドライバーに負担をかけないように、見やすいEL照明(エレクトロルミネッセンス)のメーターや照明付スイッチを採用。 視認性の高いハイマウントストップランプも装備しています。 運転席は記憶された位置にステアリングとシート、ドアミラーが自動的に再現されるオートドライビングポジションシステムを装備。 微調整が出来るパワー機構や電動チルト&テレスコピックステアリングとともに適切な運転姿勢が得られ、 長時間のドライブにも疲労を軽減します。 さらに安全の要ともいえるブレーキシステムは全車4輪ディスクです。 とっさの急ブレーキにもタイヤのロックを起こりにくくするABS(アンチロックブレーキシステム)、 左右輪の駆動力をコントロールし、濡れて滑りやすい路面でも安定した走りを確保するリヤビスカスLSD(リミテッドスリップデフ)などを採用。 さらに、クルマの限界コントロール性能をより向上させるV-TCS(ビスカスデフ付トラクションコントロールシステム)をセットで装着(タイプVにメーカーオプション))することにより、 走りの安心感を更に高めます。

■PASSIVE SAFETY(衝突安全性)
インフィニティQ45はお乗りになっている方を保護する配慮がなされています。 ボディは衝突時のエネルギーを前後のクラッシャブルゾーンで吸収し、 乗員への最強を最小限に抑える衝撃吸収構造。 前後ドアにはサイドドアビームが入れられ、 側面衝突時の安全性にも備えています。 運転席にはSRSエアバッグシステムを標準装備。 万が一の際、瞬時に作動しドライバーの頭部への衝撃をやわらげます。 シートベルトを併用することで、安全性を高めます。 助手席にもSRSエアバッグシステムを設定(メーカーオプション)。 また前席シートベルトには体格に合わせて高さが調整できるショルダーアジャスターを装備。 後席にも3点式シートベルト(中央席は2点式)を採用し安全性を確保してます。

< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | >